ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリコン2017年上半期、SMAPがアルバムとアーティスト別トータルセールスの2冠

オリコン2017年上半期、SMAPがアルバムとアーティスト別トータルセールスの2冠

オリコンは22日、CDショップ、専門店、複合店、インターネット通販、家電量販店、コンビニエンスストアなど、⾳楽・映像ソフトを販売している全国約22,930店舗の実売データをもとに集計した「オリコン2017年上半期ランキング」(集計期間:2016年12月26日付~2017年6月19日付)を発表した。

SMAPがアルバムとアーティスト別トータルセールスの2冠

昨年いっぱいをもって惜しまれながら解散した国⺠的⼈気グループ・SMAPの25周年記念ベストアルバム「SMAP 25 YEARS」(ビクターエンタテインメント/昨年12月発売)が、期間内売上116.0万枚を記録し、今年度の上半期アルバムランキング(アルバム部門:作品別売上枚数)で1位を獲得した。

今作はSMAPのアルバム作品としては、同じく期間内100万枚突破を果たした「Smap Vest」(2001年度:期間内売上160.5万枚)の6位に続いて16年ぶり2度目の上半期TOP10入りを果たすとともに、初の1位獲得となった。

上半期における「100万枚突破アルバム」のランクインは、AKB48の「次の足跡」(2014年度1位:期間内売上103.7万枚)以来3年ぶり。男性アーティストとしては、Mr.Childrenの「Mr.Children 2005-2010<macro>」(2012年度1位:同105.6万枚)、「Mr.Children 2001-2005<micro>」(2012年度2位:同101.5万枚)以来5年ぶりとなる。

なお解散・引退および活動休止状態にあるアーティストによる上半期アルバム1位獲得は、獲得当時に活動休止状態にあったサイモン&ガーファンクル(1971年度:「明日に架ける橋」)に次いで2組目で、国内アーティストとしては初めて。

またSMAPは、1991年9月9日にシングル「Can’t Stop!! -LOVING-」でデビューしてから2016年12月31日の解散まで、およそ25年(25年4ヵ月)にわたり活動してきたが、上半期アルバム1位を獲得したアーティストのデビューからのキャリアとしては、1972年7月5日にシングル「返事はいらない」(荒井由実名義)でデビューした松任谷由実が、1993年度に「TEARS AND REASONS」で通算5度目の同部門1位を獲得した当時のキャリア年数となる、およそ21年(20年11ヵ月)を上回り、最⻑での達成となった。

さらにSMAPは、今年度上半期における、⾳楽ソフト(シングル・アルバム・ミュージックDVD・ミュージックBlu-ray Disc)の期間内総売上⾦額が86.7億円となり、初の上半期アーティスト別トータルセールス(ATS部門)1位の座に輝いた。なお、上半期ATS部門は2009年度より総売上⾦額を基準として発表開始、SMAPは2009年度に9位(期間内総売上⾦額22.8億円)を獲得して以来の同部門ランクインとなる。

⾳楽映像作品「Clip! Smap! コンプリートシングルス」(昨年12月発売)も、⾳楽DVDとBDの期間内売上枚数を合算集計した、上半期総合ミュージックDVD・BDランキング(同部門:作品別売上枚数)で期間内合算49.7万枚(DVD:26.8万枚、BD:22.9万枚)を売り上げ、2位を獲得。DVD、BD総合部門の各作品別売上枚数ランキングでも、いずれも2位で初の上半期TOP3入りを果たし、前出アルバムの好調ともに上半期ATS部門制覇を後押しした。

そして、今年度の上半期アルバムランキング(アルバム部門:作品別売上枚数)で存在感を発揮したのは、初の上半期同部門TOP10入りを果たした3組。いずれも上半期のみならず自己最高となる⾳楽作品売上枚数を記録してのランクインとなった。

back numberは初のベストアルバム「アンコール」(ユニバーサル ミュージック/昨年12月発売)が期間内売上52.8万枚で3位を獲得した。同作は、週間ランキング初登場となった今年1月9日付から2月27日付まで8週連続でTOP10入りするなど期間内を通じて好調をキープ。昨年度上半期では「シャンデリア」が11位となり初のTOP10入りまであと一歩と迫っていたが、今回一気に上半期TOP3入りを達成した。

ONE OK ROCKは、約2年ぶりのアルバム「Ambitions」(A-Sketch/1月発売)が同33.2万枚で6位にランクイン。ONE OK ROCKは過去に2013年度で「⼈生×僕=」、2015年度で「35xxxv」がいずれも11位を獲得していたが、今年1月23日付週間ランキングでも1位を獲得するなどファンの期待に応える結果を残した同作で上半期TOP10入りを果たしている。

Suchmosの2ndアルバム「THE KIDS」(SPACE SHOWER MUSIC/1月発売)が同14.7万枚で10位に登場。同作が今年2月6日付でアルバム、シングル通じて初の週間ランキングTOP10入り(2位)を達成するなど、今年初めに大ブレイクを遂げた勢いそのままに、上半期上位獲得となった。

また前回ランクイン時よりも期間内売上枚数、順位ともに上げて上半期TOP10内にランクインしたのはゆずで、デビュー20周年記念オールタイム・ベストアルバム「ゆずイロハ 1997-2017」(SENHA&Co./4月発売)が同29.1万枚で7位に。2014年度に「新世界」が記録した同21.9万枚、10位をいずれも上回っての3年ぶり上半期TOP10入りで、根強い⼈気をうかがわせた。

今年度の上半期におけるアーティスト別トータルセールス(ATS部門)は、グループ解散の衝撃の大きさを象徴するかのようにSMAPが1位を獲得したが、そんななか、back numberがアルバム部門同様に大躍進。⾳楽ソフト(シングル+アルバム+ミュージックDVD+ミュージックBD)の期間内総売上⾦額26.8億円を記録し、初のATS部門TOP10入りで7位を獲得した。

⾳楽ソフト自己最高売上を記録するとともに、その結果を大きくけん引したアルバム「アンコール」は上記の8週連続TOP10入りに加え、初登場週の今年1月9日付から上半期集計の締めとなる6月19日付まで24週連続でTOP100入りを果たすロングヒットに。同作の週間ランキングにおける獲得最高位は意外にも2位だが、これに勝るとも劣らない強烈なインパクトを上半期の⾳楽シーンに刻み込んだ。

オリコン2017年上半期アルバムセールス部門

順位
売上枚数(万枚)
タイトル
アーティスト
発売元
1
116.0
SMAP 25 YEARS
SMAP
ビクターエンタテインメント
2
63.3
サムネイル
AKB48
キングレコード
3
52.8
アンコール
back number
ユニバーサル ミュージック
4
45.2
THE JSB WORLD
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
rhythm zone
5
37.7
生まれてから初めて見た夢
乃木坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
6
33.2
Ambitions
ONE OK ROCK
A-Sketch
7
29.1
ゆずイロハ 1997-2017
ゆず
SENHA&Co.
8
23.4
MUSIC COLOSSEUM
Kis-My-Ft2
エイベックス・トラックス
9
15.8
Ballad Selection
KinKi Kids
ジャニーズ・エンタテイメント
10
14.7
THE KIDS
Suchmos
SPACE SHOWER MUSIC

オリコン2017年上半期アーティスト別トータルセールス部門

順位
売上金額(億円)
アーティスト
発売元
1
86.7
SMAP
ビクターエンタテインメント
2
62.1

ジェイ・ストーム
3
44.4
AKB48
キングレコード,AKS
4
35.4
Kis-My-Ft2
エイベックス・トラックス
5
31.7
乃木坂46
ソニー・ミュージックレコーズ
6
28.7
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
rhythm zone
7
26.8
back number
ユニバーサル ミュージック
8
20.8
関ジャニ∞
インフィニティ・レコーズ
9
19.5
Hey! Say! JUMP
ジェイ・ストーム
10
19.3
NEWS
ジャニーズ・エンタテイメント

AKB48、前人未踏となる上半期7年連続シングル1位・2位独占&ミリオン達成

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy