体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京・八王子エリア最大級のショッピングセンター「イーアス高尾」がオープン!その魅力とは?

6月22日オープン。ショッピングセンター「イーアス高尾」の魅力をレポート

東京都八王子エリアで最大級のショッピングセンター「イーアス高尾」が、高尾駅近くに6月22日グランドオープン。どんなお店が入っているの?雰囲気はどんな感じ?大型商業施設のなかったエリアで地元の反応は?などなど、気になるポイントを事前内覧会でチェックしてきました!

「高尾らしさ」が魅力のショッピングセンターが誕生

「iias(イーアス)高尾」は高尾駅(JR中央線、京王高尾線)から徒歩6分、圏央道・高尾山ICから車でもアクセスしやすい場所にある、八王子市で最大級(オープン時点)のショッピングセンターです。

大和ハウス工業が手掛ける住商一体となる複合開発事業「高尾サクラシティ」の一角をなす施設で、同時に開発された分譲マンション、分譲戸建住宅と隣接しています。大型商業施設としては「イーアスつくば」「イーアス札幌」についで3店舗目。

高尾といえば世界一の登山者数を誇る高尾山でおなじみ。下山後に立ち寄る施設としては2015年に開業した「京王高尾山温泉 極楽湯」などが有名ですが、「帰りに高尾でお買い物」という選択肢は今まであまりありませんでした。イーアス高尾の誕生で高尾方面へ出かける際にショッピングという魅力的な要素が加わったことになります。

施設デザインのコンセプトは「森のテラス」。近隣の自然景観に馴染む、木調を活かした外観やアースカラーで統一した施設内共用部分など、高尾という地に寄り添ったつくりです。【画像1】左:駅前商店街を抜けて並木道を進むと、緑豊かな高尾の地に溶け込むウッディな外観が見えて来ます。右:コの字型の平たい建物がイーアス高尾。約6.4万m2の敷地にワイドに広がる3階建て。駐車場は1840台分あります(画像提供/イーアス高尾) 【画像1】左:駅前商店街を抜けて並木道を進むと、緑豊かな高尾の地に溶け込むウッディな外観が見えて来ます。右:コの字型の平たい建物がイーアス高尾。約6.4万m2の敷地にワイドに広がる3階建て。駐車場は1840台分あります(画像提供/イーアス高尾)【画像2】木とアースカラーを基調としたやさしい雰囲気の内装。館内にはベンチがたくさん据えられていて、買い物に疲れた足にもやさしいです(左画像提供/イーアス高尾、右写真撮影/金井直子)

【画像2】木とアースカラーを基調としたやさしい雰囲気の内装。館内にはベンチがたくさん据えられていて、買い物に疲れた足にもやさしいです(左画像提供/イーアス高尾、右写真撮影/金井直子)

地元でお馴染みの店、大人から子どもまで楽しめる店、注目店はここ!

イーアス高尾の店舗数は2フロアに約120店。ショッピングセンターの魅力といえば、日常のお買いものに欠かせない店舗だけでなく、暮らし全般にわたる幅広いジャンルの店舗が揃っていることです。イーアス高尾では、どんなお店が入っているのでしょうか。特に注目したお店を紹介します。

1. 地元で馴染みがある・地元産にこだわったお店

・高尾名物のとろろが自慢「自然薯とそばの店 高尾の桜」

高尾名物の自然薯とろろそば、八王子名物・桑の葉アイスがオススメとか。経営は「高尾山ビアマウント」「高尾山 キッチンむささび」「ごまどころ権現茶屋」などを展開する地元に根差した会社です。【画像3】「自然薯とそばの店 高尾の桜」の店頭には高尾特産の細長ーい自然薯を展示(写真撮影/金井直子、SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】「自然薯とそばの店 高尾の桜」の店頭には高尾特産の細長ーい自然薯を展示(写真撮影/金井直子、SUUMOジャーナル編集部)

・高尾の名店がつくる総菜「EN TABLE(エンテーブル)」

八王子や多摩地区産の野菜をたっぷり使った手づくり総菜のお店。高尾駅構内にある「高尾天狗パン」が人気のカフェ「ichigendo(一言堂)」を運営している会社で、良質な食材を使った料理に定評があります。【画像4】「EN TABLE」はこぢんまりした店構え。甘酒ドリンクなど健康的なメニューが揃います(写真撮影/金井直子、SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】「EN TABLE」はこぢんまりした店構え。甘酒ドリンクなど健康的なメニューが揃います(写真撮影/金井直子、SUUMOジャーナル編集部)

・新鮮野菜が豊富な「わくわく広場」

地元八王子産をはじめ、全国の産直野菜・果物を取りそろえている農産物直売所。【画像5】「わくわく広場」は野菜・果物のほか、食材・調味料等も豊富(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部、金井直子)

【画像5】「わくわく広場」は野菜・果物のほか、食材・調味料等も豊富(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部、金井直子)

他に、地元の老舗書店「くまざわ書店」、多摩地区に根付いて展開している「スーパー三和」など、日々の暮らしを支えてくれるお店が入っています。

2. 何だかとっても楽しいお店!

・動物を“モフれる”「Moff animal cafe(モフ アニマルカフェ)」

動物と触れ合えるカフェ。猫、ふくろう、インコ、モルモット、うさぎなど、常時20種類もの“ふわもふ”な動物たちが迎えてくれます。ハリネズミ、ミーアキャット、プレーリードッグ、イグアナなど珍しい子たちも。【画像6】「Moff animal cafe」の入場料は大人1000円(子ども料金もアリ)で、時間制限なし(混雑時は入替)というのもうれしい(写真撮影/金井直子)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。