ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

梅雨の疲れを解消!街ナカから60分で行ける”癒し”の温泉7【九州】

梅雨の疲れを解消!街ナカから60分で行ける”癒し”の温泉7【九州】 ホテルジェイズ日南リゾート

日頃の疲れが溜まりやすいこの季節。疲れを癒すにはやっぱり温泉でしょ!

そこで今回は、マチナカからサクッと行けちゃう近場の温泉を厳選してご紹介します。

地産地消の絶品グルメが楽しめる温泉施設に、開放的な絶景露天&岩盤浴、人目を気にせずリラックスできる貸切温泉など、この季節にピッタリの情報が目白押しです。

ぜひおでかけの参考にしてみてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

1.照葉スパリゾート【福岡県福岡市】

贅沢なリゾート施設でVIP気分で一日過ごそう!

照葉スパリゾート

3階のコミックコーナーには約2万冊の蔵書がある

アイランドシティにある4階建てスパリゾート。充実の温浴施設をはじめ、食事処、コミックコーナー、プライベートスペース、くつろぎスペースなどアミューズメント設備も豊富。入浴後、館内着(入館利用料に含まれる)に着替えてフルに楽しもう!照葉スパリゾート

写真の露天や「美泡風呂」や「香り風呂」等も

照葉スパリゾート

岩盤房のひとつ、美煌彩洞(びこうさいどう)

◆温泉DATA

・料金:入館利用料(入浴ほか1階~4階まで利用可)/大人1600円(1700円)、小学生1100円(1200円)※( )は土日祝

・時間:温浴施設9時~翌2時(最終受付)、大浴場6時~翌3時

・定休日:なし(メンテナンス休あり)

※6月1~21日は露天風呂利用不可 照葉(てりは)スパリゾート

TEL/092-683-1010

住所/福岡県福岡市東区香椎照葉5-2-15

アクセス/福岡都市高速香椎浜出口より5分

駐車場/410台

「照葉スパリゾート」の詳細はこちら

2.佐賀ぽかぽか温泉【佐賀県佐賀市】

広々スペースで汗をかきリラックス&デトックス!?

佐賀ぽかぽか温泉

岩塩がマイナスイオンと遠赤外線を放出する「岩塩洞」

露天、ジェットバスなど多彩な湯船を揃えた温泉と、九州最大級のチムジルバン岩盤浴が楽しめる。岩盤浴には麦飯石サウナを中心に、温度・湿度・効能の異なる5種類の岩盤温熱室(1カ所女性専用)があり、専用サウナ着で男女一緒に利用できる。佐賀ぽかぽか温泉

野趣に富む露天(男湯)。お湯は地下600mから湧出

◆温泉DATA

・料金:大人690円、小学生370円、3歳~小学生未満270円、2歳以下無料

・時間:平日10時~翌1時(最終受付24時)※土日祝は8時~※岩盤浴は24時終了

・定休日:なし(第2木は17時~)

・岩盤浴:入浴(大人)+岩盤浴のセット1370円(会員1260円)、小学生840円 ※岩盤浴のみの利用不可 佐賀ぽかぽか温泉

TEL/0952-32-1126

住所/佐賀県佐賀市兵庫北5-13-48

アクセス/長崎道佐賀大和ICより15分

駐車場/180台

「佐賀ぽかぽか温泉」の詳細はこちら

3.野母崎炭酸温泉Alega軍艦島【長崎県長崎市】

目の前に望む軍艦島と野母崎の海の幸を満喫!

野母崎炭酸温泉Alega軍艦島

野母崎近郊の海で獲れた、鮮度の良い魚を使用した海鮮丼

軍艦島&五島灘に沈む夕陽が眺められる温泉。二酸化炭素を含む炭酸水素塩泉で、美肌につながるメタケイ酸も豊富。レストランでは、野母崎で獲れた新鮮な魚介を美味しく味わえる調理法で提供。活造りや海鮮丼、白身茶漬けなどメニューいろいろ。野母崎炭酸温泉Alega軍艦島

大浴場の窓の向こうに広がる青い海。夕暮れ時は最高!(男湯)

◆温泉DATA

・料金:大人410円、4歳~小学生200円

・時間:10時~21時(最終受付20時30分)

・定休日:不定 ※6月は26日(月)、27日(火) 野母崎炭酸温泉Alega軍艦島(アレガ ぐんかんじま)

TEL/095-893-1133

住所/長崎県長崎市野母町692-1

アクセス/長崎道長崎ICより40分

駐車場/108台

「野母崎炭酸温泉Alega軍艦島」の詳細はこちら

4.湯亭 上弦の月【熊本県和水町】

贅沢なデザイナーズ貸切湯でとろとろの湯を存分に!

湯亭 上弦の月
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。