体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

担々麺にスタミナ系…ラーメン官僚が薦める、夏にこそ食べたいラーメン10選

担々麺にスタミナ系…ラーメン官僚が薦める、夏にこそ食べたいラーメン10選 メニュー名/汁なし坦タン麺

今年も暑い夏がやってくる。

夏はどうしても食欲が減退しがち。私自身にも経験があるが、温かい食べ物を避け、つい冷たい食べ物に足が向いてしまう…なんてことは、夏場、日常的に耳にする「あるあるバナシ」。

とりわけ、麺類については、その傾向が顕著である。例えば、ラーメンであれば、「夏季限定メニュー」として売り出される冷やしラーメンや、「冷やし中華始めました」のキャッチコピーでお馴染みの冷やし中華に人気が集中しがちだ。

そこで今回はあえて、夏だからこそ是非召し上がっていただきたい温かいラーメンをご紹介する。

夏に食べたい温かいラーメンとは?

ジャンルは、大きく分けて2つ。

1つ目は、ここ数年で完全にブレイクし、盤石の人気を確立させた感がある『辛系ラーメン』。唐辛子に含まれるカプサイシンなどが体内の新陳代謝を促進させ、暑くなればなるほど強い爽快感を味わうことができる。

2つ目は、大量の豚の背脂をスープに振り掛けたり、ニンニクなどをビビッドに利かせた『がっつりラーメン』。食べている最中からチカラがみなぎるような感覚が味わえるこのタイプの1杯も、夏バテの解消に絶大な威力を発揮する。

今回は、この2タイプのラーメンを提供する店舗を、いつものとおり厳選して10軒ご紹介させていただくこととしたい。

ご紹介したラーメンが、灼熱の夏を乗り越える一助となってくれれば、うれしい限りだ。

1.いい汗かいてデトックス。夏ラーメンのど定番・辛系ラーメン

(1)【東京・錦糸町】駅から徒歩3分。『錦鯉』の「汁なし担々麺」は、艶やかな香りが食欲を無尽蔵に増進

ここ数年、実力店が続々登場し、都内における台風の目と化した感がある錦糸町エリア。

そんな錦糸町の地に、本年4月、担々麺専門店がオープンした。それが、こちらの『担々麺専門店錦鯉』だ。

錦鯉

「汁なし」と「汁あり」。2種類の担々麺を提供。カウンター席のみの小さな店舗で、気を付けないとうっかり通り過ぎてしまいそうになるが、紡ぎ出す担々麺は自信を持ってオススメするに足る本格派。

錦鯉 同店の看板メニューは「汁なし担々麺」。口に入れると数秒以上もの間、口腔内にとどまり続ける濃密なうま味が、同店の汁なし担々麺の持ち味。メニュー名/汁なし担々麺

メニュー名/汁なし担々麺

「都内の店で修業し、担々麺の作り方を勉強した後、自分なりに様々な工夫を施した結果がこの味です」。辛みに負けないだけの力強さを持ち合わせながら、しつこさ、野暮ったさはみじんも感じさせない。濃厚なだけではなく、うま味のクオリティが高い担々ソースは、まさに店主の研鑽の結晶と呼ぶにふさわしい。

少しかき混ぜるだけでソースが余すところなく麺に絡み、食べ切った後、ソースや具が殆ど残らない構成にも感服。ものの5分足らずで、丼を空っぽにしてしまった。この1杯、まさに汁なし担々麺の「模範解答」だ。 担々麺専門店錦鯉

TEL/なし

住所/東京都墨田区江東橋3-9-23

営業時間/11:30~14:30、18:00~22:30

土曜:12:00~16:00

日曜:12:00~20:00(いずれもスープ終了次第閉店)

定休日/祝日・不定休

(2)【神奈川・鶴見】唐辛子&こんにゃく麺で心身ともにヘルシーに。『辛麺屋赤丸』で九州のご当地冷麺を満喫!

店舗のロケーションは、JR鶴見駅及び京急鶴見駅から徒歩3分程度。

本年5月18日に産声を上げた『辛麺屋赤丸』は、九州・宮崎で親しまれている辛麺を提供する新店だ。

辛麺屋赤丸

「辛麺」とは、唐辛子によって紅色に染まったスープに、挽肉・溶き卵・ニンニクをたっぷりと溶け込ませ、そば粉と小麦粉を原料とした通称「こんにゃく麺」を合わせた、宮崎・延岡市発祥のご当地麺。そんな「辛麺」を、他地域向けのアレンジを施すことなく、あえて本場そのもののスタイルで提供している。

同店でオススメしたい食べ方が、この辛麺のトッピングである「地鶏のたたき」を倍量にしていただくこと。メニュー名/三辛こんにゃく麺&地鶏たたきW

メニュー名/三辛こんにゃく麺&地鶏たたきW

200円の追加料金を支払う必要があるが、コリコリッとした「地鶏肉」とシコッとした「こんにゃく麺」のコラボが織りなす唯一無二の食感を心ゆくまで楽しめることを考えれば、その価格も決して高いものではない。

本場同様、辛さが控えめな「一辛」から、超激辛仕様の「二十辛」「爆弾玉」まで、辛み耐性に応じて幅広く辛さが選択できる点も、同店の魅力。我こそは辛党とお考えの方は、「二十辛」などに挑戦してみるのも一興かも知れない。

辛麺屋赤丸鶴見本店 辛麺屋赤丸鶴見本店
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。