体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メンタルを追い込まない秘訣は? エッセイ『自分を好きになろう』岡映里&瀧波ユカリインタビュー

東日本大震災で被害にあった福島県浜通りで生きる人を克明に取材したノンフィクション『境界の町で』(リトル・モア)が各方面に衝撃を与えた岡映里さん。実は、取材の影で双極性障害を患っていたといいます。
そんな岡さんが恋愛や仕事、生活の何もかもが上手くいかない自分を変えるためにどうしたのか、1年半の記録をまとめたエッセイ『自分を好きになろう』(KADOKAWA/角川マガジンズ)より刊行。表紙・マンガを『臨死!!江古田ちゃん』『あさはかな夢みし』の瀧波ユカリさんが担当しています。

今回、そんな岡さんと瀧波さんにインタビュー。メンタルが落ちた時はどんなことに困るのかといったことから、立ち直り方、タイトルにある「自分を好きになる」にはどうすればいいのか、お話をお伺いしました。

「ブログタイトルは自分に向けて付けました」(岡)

ーー岡さんは、ブログの内容からの書籍化とお聞きしているのですが、まずその感想からお聞かせ頂けますか?

岡映里さん(以下、岡):2016年の11月にお話を頂いて。その時には60エントリーくらいで、真面目に更新してから2ヶ月くらいだったので、びっくりしました。意外と読まれているんだな、と思いました。『筋トレをしろ。うつが治るから。』っていうタイトルにして2~3週間くらいだったんですけれど。

ーータイトルのメッセージが強い印象を与えて絶妙だと思いました。

岡:ちょうどその頃、Testosteroneさんの『筋トレが最強のソリューションである』を読んでいたから、一応筋トレをしろというようにしたかったんですね。自分がブログ毎日見るから、そうすると自分に言ってるみたいになるじゃないですか。やらなきゃ「すいません」みたいになるので。でも、「筋トレをしろ」だけだと分からないから、「うつが治るから頑張れ」っていうつもりで自分に言っているみたいな。

ーー自分で自分に言うような、自家発電的な感覚ですね。

岡:そうそう、自家発電感。読んでくれる人っていうよりは、結構自分に向けて。あと『Twitter』も『筋トレをしろbot』っていうのに変えたんですけど。

瀧波ユカリさん(以下、瀧波):筋トレ情報、何もないですよね。

岡:ない。筋トレマニアの人が「友達になってください」って沢山きたんですよ。すごいうろたえてしまって。そんなに本気で筋トレやってないんで「すいません」って思った。やっぱり言葉の力は絶大ですよね。

ーー瀧波さんは、もともとネットで岡さんとお知り合いだったとか。

瀧波:『Twitter』でお互いに存在は認知してたんですけど、特に接触はそれほどしないみたいな感じだったのが、11月ぐらいからちょっときっかけがあって直接やりとりするようになって。12月に本の依頼を頂きました。

ーーここから本の内容をお聞きしたいと思います。双極性障害やうつになると何が困るのか、改めて教えて頂ければ。

岡:私、物書きしているじゃないですか。病気になって文章読めなくなりましたね。本とか全然文字が追えなくなるんですよ。あと、会話してる時も話が日本語として聞こえるんですけど意味が分からないっていうか、「何を話してるんだ今?」ってなって、「何かおかしいな」ってずっと思っていて。そうするとどんどん仕事が遅くなるじゃないですか。資料も全然読めなくなっちゃったりとか。

瀧波:なんかすごいショックなことがあった人がそうなると思うんですけど、それがずっと続くんですよね。それはすごい恐ろしいと思います。

岡:外に出るまでに、起きて服を着替えるのに8時間かかったことがあるんです。

瀧波:もう暗いじゃないですか、外が!

岡:そうなんですよ。段取りは分かるんですけど。まず体起こして、服を出して、パジャマを脱いで着る、とかあるじゃないですか。できないんです、それが。頭がぼーっとしちゃって。あと、とにかく判断ができなくなる。スーパーとか行くじゃないですか、何買っていいか分からないとか。

瀧波:スーパーって、本当に精神が好調じゃないと行けないですよね。

岡:無理。行った瞬間茫然として、何買えばいいんだろうっていうとこから考えるとすごい時間がかかるから。

ーー情報量が多いところに行くと、何をしたらいいか分からなくなるみたいな感覚ですね。

岡:それが2012~13年くらいに続いていて。そのうちに倒れるというか、起き上がれなくなっちゃって。1週間ぐらいトイレに行くのもギリギリみたいな。ご飯ももう全然食べれないみたいな感じになって、精神科へ行ったんですよね。友達に「とにかく精神科に行け」って言われて、心療内科じゃなくて、歩いて行けるところでいいからって、すぐ予約取ってくれて。それで初めてかかったお医者さんが私の話を聞いて、「今すぐ会社に私の目の前で電話してください」って言われて、「すぐ休職しますって言ってください」って。「帰ったらあなたはやらないから今やれ」って言われて、それで休めたんですよね。その先生がそう言わなかったら多分休めなかったし、大変なことになってたと思いますね。

ーーいい先生ですね。

岡:女の先生なんですけど、すぐ診断書書いてくれて。いい先生でした。

ーーそれは、忙しかったのが理由の一つ?

岡:いや。もともと多分15歳ぐらいからそういう病気だったと思うんですけど、正しい診断がなかなかつかなくて自律神経失調症といわれていて、どんどん病気が悪くなっていった。それで東日本大震災がきっかけで、被災地の取材もしていたので、かなり気持ちの振り幅が激しい状態になっちゃって。きっかけはあるんですけど、もともとだったと思いますね、今となっては。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。