ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この夏カップルで行きたい【茨城】人気デートスポット20選!定番から穴場まで

この夏カップルで行きたい【茨城】人気デートスポット20選!定番から穴場まで 茨城

夏がやってきた!「暑いところはちょっと…」夏に困るのがデートスポットですよね。

そこで今回は、茨城県内で楽しめる、涼しいおでかけデートスポットをご紹介!

室内のスポットを中心に、カップルにおすすめなスポットをピックアップしました。

宇宙や地層など不思議に触れられる科学館・博物館やのんびりアートを楽しめる美術館、ひんやりマイナスイオンを浴びることが出来る滝や川遊び、ショッピングや工場見学など・・・1日たっぷり楽しめますよ♪

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※メイン写真はイメージです

つくば・牛久エリア

牛久大仏

牛久大仏

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_08219ag2132081984/photo/

ギネスブックにも認定されている世界一120mの高さの青銅製立像の牛久大仏。高さ85mの大仏胸部までエレベーターで上がることができ、晴れた日には展望窓からスカイツリーや富士山を望むことができます。

\口コミ ピックアップ/

大仏様の大きさに、驚き、感動!胎内にも入ることができるので、是非入ることをオススメします!素晴らしい景色が眼下に広がります!敷地内には、綺麗なお花や可愛い動物達もいて、のんびり楽しめます。

行った時期:(2016年7月) 牛久大仏

住所/茨城県牛久市久野町2083

「牛久大仏」の詳細はこちら

シャトーカミヤ

シャトーカミヤ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_08219ae2180115171/photo/

(現在、園内は国指定重要文化財の建物施設の災害復旧工事を行っており、保存修理工事期間中は建物をフェンス等で囲うなど、建物をみることはできません)

牛久駅の東方に立つレンガ造りの建物。1903(明治36)年神谷傳兵衛氏によって建てられた。シャトー内部にワイン資料館があり、明治・大正時代に使用されたフランス直輸入のワイン・シャンパン醸造機械やワインに関する資料が展示されている。敷地内には売店、地ビールのビアレストラン、ワインレストランがあり、芝生の上での野外バーベキューも楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

ローストビーフなど、オシャレで高級感を味わえるレストランで食べる事ができます。また、外には、バーベキューが出来る施設がありました。売店もありお土産も買うことが出来て、地元では有名な場所です。

行った時期:(2013年6月) シャトーカミヤ

住所/茨城県牛久市中央3-20-1

「シャトーカミヤ」の詳細はこちら

つくばエキスポセンター

つくばエキスポセンター

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_08220aj2200026160/photo/

見て・触れて・楽しめる科学館。2012年12月にはプラネタリウムデジタルプロジェクターの最新鋭機種を導入し、ドーム映像が明るく高精細にリニューアル。

\口コミ ピックアップ/

ここはプラネタリウムと様々な化学を利用した体験コーナが充実しています。プラネタリウムは時間帯によって内容は違いますが、星座の説明のコーナでは詳しくつくばの夜空を例に説明を受けられて参考になりました。

科学を使用した体験コーナーは非常に数が多いです。中でも人間が入れる巨大シャボン玉はすごかったです。他にも音を題材にした体験コーナーや電気を題材にした体験コーナなど子供から大人まで遊べます。

6月までは3Dに関する体験コーナーもあり、これも面白かったです。

まともに見ると少なくと半日は必要な施設です。ただ食事などで一旦出て、再入場できるのは良いサービスだと思いました。

行った時期:(2017年5月6日)

世界最大級のプラネタリウムが何と言っても目玉の科学センター。やはり迫力が違いますね。童心に帰って天体ショーを楽しみました。

行った時期:(2016年9月) つくばエキスポセンター

住所/茨城県つくば市吾妻2-9

「つくばエキスポセンター」の詳細はこちら

宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター

宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000110026/photo/

学園都市で最先端の宇宙研究・開発を行なうのが筑波宇宙センター。展示室では人工衛星やロケットエンジンなどの実物大のモデルによって本物の宇宙開発に触れることができる。また見学案内係が案内する見学ツアー(要予約)も実施しており、こちらは宇宙ステーション試験棟など展示室以外にも見学が可能だ。

スケールに魅せられる最先端の宇宙開発!

\口コミ ピックアップ/

展示館スペースドームで、実物大の人工衛星や本物のロケットエンジン、きぼう、日本実験棟の実物大モデルなどを間近に見学できます。宇宙の研究が良くわかりました。

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy