ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自宅で超カンタンに「伝説のすた丼」を再現する方法

自宅で超カンタンに「伝説のすた丼」を再現する方法

今回お話をうかがったのは、ケイダッシュステージ所属のお笑い芸人「サツマカワRPG」さん。彼が教えてくれる究極のレシピとは!?

0721-1

「僕は、ほかの若手芸人と違って、バイトをしていないんですよ。そのせいですごい貧困生活を強いられているんですけど、意地でもバイトはしたくないんです。僕は『伝説のすた丼屋』のすた丼が好きなんですけど、お金がなくてなかなか行けない。だから、『あれを自分で作ってみよう』と思って、自分なりに試行錯誤した結果、ついに満足がいくレシピにたどり着いたんです。

 

具材は、ご飯、豚肉150g、長ネギ、白ごまもあるといいですね。手順としては、塩コショウで豚肉に軽く下味をつけてフライパンに入れ、お醤油とお酒とみりんを1:1:1の割合で入れます。そこにごま油を加えながら強火でガーッと炒めます。長ネギも一緒に炒めましょう。そして、最も大事なのが、そこに小さじ1杯くらいの『鳥ガラスープの素』を加えることです。とろみが出てきたなと思ったら、その時点で完成です。あとはそれをご飯にかけて食べるだけ。『貧乏がなんじゃい!』って思いながらガーッと食ってください。

 

本当にお金がないときは、そもそも豚肉も買えないと思うので、豆腐とか油揚げとかでも代用できます。あとはニンニクを入れるとより本家の味に近付くんですけれども、臭いが気になるなら入れなくても味はおいしいので問題ないです。『え!? 思ったよりもすた丼じゃん!』ってなるので、みなさんにもぜひ試してほしいですね」

 

(※記事内の『すた丼』の画像はイメージです。)

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。