体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【駄菓子】優良コスパ&超カンタンな駄菓子料理のレシピ

f:id:Meshi2_IB:20170427093038j:plain

大人になって、改めて感じるの”駄菓子”の素晴らしさ。

何しろ安い。そしておいしい。飽きがこない。

そして、大人の財力をもってすれば駄菓子が買い放題という夢のような環境に置かれているわけです。ありがたく思わねばなりません。

とはいえ、欲望の赴くままに買いすぎるのも、大人としてどうかと思いませんか?

駄菓子でおなかいっぱいとか、子どもか!

なので、大人は大人らしく「駄菓子を本格的に調理」することで、駄菓子の存在価値の上昇をはかろうではありませんか!!

ボリュームたっぷりの「ビッグカツドリア」

まずは、駄菓子のド定番である「ビッグカツ」を使ってみたいと思います。

普通に考えるとカツの代わりに丼に乗っけてカツ丼!

というのがセオリーかもしれませんが、それでは芸がなさすぎますよね。

折角なので、ひと手間加えましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170427093013j:plain

とりあえず、ビッグカツを一口サイズにカットします。

f:id:Meshi2_IB:20170427093014j:plain

グラタン皿にライスを盛ります。

f:id:Meshi2_IB:20170427093015j:plain

ビッグカツ オン ザ ライス!

……これで調理が終了だと思ったら大間違いですよ。

f:id:Meshi2_IB:20170427093016j:plain

ホワイトソースをドーーーーン!

ホワイトソースは小麦粉と牛乳で手作りするべき! というこだわり派の方もいるかもしれませんが、自宅にホワイトソース缶が常備されている我が家では、これを使わない手はありませんでした。

f:id:Meshi2_IB:20170427093017j:plain

さらにとろけるチーズを乗っけて、オーブントースターで焼きます。

20分ほど焼けば、出来上がりです。超簡単。

f:id:Meshi2_IB:20170427093018j:plain

こちらが、熱々&グツグツの出来立て「ビッグカツドリア」です!

程よい焦げ目がついて、普通においしそうですよね。

さっそく試食をば。

f:id:Meshi2_IB:20170427093019j:plain

ドリアソースにまみれてカツが見えにくくなっておりますが、

ライス・ビッグカツ・ホワイトソースの三重奏、なかなかのうまさ!

甘辛いタレがついたビッグカツの衣とホワイトソースの相性は非常に良く、またビッグカツの歯ごたえがドリアのアクセントにもなっていて優秀です。

時間は少々かかるものの、とにかくホワイトソースとチーズを乗せて焼くだけという手間いらずな部分も評価できるのではないでしょうか。

中身はあのスナック菓子だけ!? 「じゃがりこコロッケ」

もはやオヤツの代表格といってもいい「じゃがりこ」は、

お湯に浸すとポテトサラダになる等、以前からよくアレンジ調理がためされてきた駄菓子ですよね。

ここではそんなお手軽レシピからさらに一つ上を行く、ガチのオカズとして変身させたいと思います。

f:id:Meshi2_IB:20170427093021j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。