ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生牡蠣 216円~、寿司2貫 108円~、コスパが良すぎる「牡蠣とワイン立喰い すしまる」【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20170609161211j:plain

生シェル牡蠣とワイン、寿司が一度に楽しめる

気軽に寿司が食べられる立ち食い寿司が定着してきましたね。こんにちは、メシ通レポーターの西尾明彦です。

今回ご紹介するのは、スタンディングスタイルで、寿司に加えて、生シェル牡蠣とワインが楽しめる「牡蠣とワイン立喰い すしまる なんばウォーク店」です。

立ち食いスタイルの寿司店の何が良いか、それは、好きなタイミングで、食べたいネタを手軽に食べられることでしょう。

f:id:mesitsu_lc:20170609172917j:plain

牡蠣の殻で作った魚のオブジェが目印です。

場所は各線なんば駅直結の地下街、なんばウォーク内。四つ橋線に近い1番街です。オープンな雰囲気なので、気軽に立ち寄れます。

f:id:mesitsu_lc:20170609172949j:plain

店内は長いコの字型カウンターで、反対側にもカウンターがあります。

カウンター上に飾られているのは……

f:id:mesitsu_lc:20170609172934j:plain

新鮮な生シェル牡蠣です!

「すしまる」の生のシェル牡蠣は1個 216円から。食べないと損レベルです。

「定番の5種類の食べ方に加えて、季節ごとのおすすめの食べ方が加わったんです。ぜひ試してみてください」と店長の影山享宏さん。

f:id:mesitsu_lc:20170609161306j:plain

こちらが6月からスタートした、夏季限定の牡蠣メニューです。

味の想像がつかない、挑戦的なメニューもありますね。

f:id:mesitsu_lc:20170609161222j:plain

夏季限定から「レモンペッパー」(左)と、タバスコを振りかけた、定番の「アメリカンスタイル」(各216円)を注文してみました。

f:id:mesitsu_lc:20170609173023j:plain

まずはレモンペッパーに挑戦です。

プリッとした牡蠣に、レモン風味と塩味に、ペッパーが良いアクセントです。季節限定なのがもったいないような、万人受けする優等生な味わいです。

お酒は378円から。グラスワインは定番7種類に、季節ごとにテーマを持った特集ワインが、オール540円。白州ハイボールや山崎ハイボールは486円です。

f:id:mesitsu_lc:20170609161159j:plain

当然、白ワインとも好相性です。

特集ワインから、その名も「サシミ・ソーヴィニヨン・ブラン 2016」(グラス540円)。刺身や寿司に合う、軽快に何杯でも飲めそうな辛口です。

f:id:mesitsu_lc:20170609173040j:plain

続いて、タバスコを振りかけたアメリカンスタイルに挑戦です。

「タバスコは、牡蠣を食べるために作られたと言われているんですよ

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。