ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「やられた!」と思わずつぶやく!ただの言葉遊びではないアート系大人絵本

今、人気急上昇中の大人絵本。絵本をアートブックとして楽しむ大人が昨今、増えております。そんななか、今回はアートな大人絵本の中でも、秀逸な言葉遊び絵本をご紹介したいと思います。

 

まずは、こちら。

 ほんとはスイカ
amazon.co.jpより

「ほんとはスイカ」(文:昼田弥子 絵:高畠那生)

 

絵は、人気絵本作家の高畠那生様が担当しております。高畠様は、大人からとても人気の高いナンセンス絵本作家で、小生も大好きな絵本作家様でございます。

 

そんな高畠さんが絵を担当された「ほんとはスイカ」、やはりこちらもナンセンス絵本でございます。シュール度もかなり高め、大人好みの絵本になっております。内容はというと…

 

主人公の少年、イトウ君が歩いていると、イカがやってきます。イトウ君は、イカを見つけ「イカだ!」と叫ぶと、そのイカは「失敬な。俺はスイカだ!」と主張。しかし、どうみても、その姿はイカなのでございます。さらに聞くと、イカは以下のように主張(笑)。「実は、スイカだったんだけど、“ス”をどこかに落して、イカになったんだ」と…。

 

なるほど、言葉遊びね…と思っていると、その後、なんと!イトウ君が、道端で“ス”を発見!さらに、小石につまずき、イトウ君の頭に“ス”がくっついてしまうのです。勘の良い方はお気づきでしょうが、イトウ君は水筒(スイトウ)になります。果たして、イトウ君はどうなるのか?元スイカのイカはどうなるのか?シュール度かなり高めの言葉遊びをご堪能くださいませ。

 

そして、もうひと作品。

 どどどどど
amazon.co.jpより

「どどどどど」(作・絵:五味太郎)

 

400冊近くの絵本を手掛けてきた絵本界の巨匠!五味太郎様の「どどどどど」でございます。五味様は、海外でも100数種類の本が翻訳、30か国で出版。日本の絵本界を牽引する大人気絵本作家様でございます。ボローニャ国際絵本原画展をはじめ、各国のコンクールで賞を受賞されております。

 

そんな五味様の「音と絵本」シリーズの中の1作品でございます。「どどどどど」と、ブルドーザーが坂道を走ったり、凸凹道を走ったりする物語で、ジャンルとしては、赤ちゃん絵本、幼児絵本になります。ただし!

 

ブルドーザーが走っている道(土)が、五線譜だということに気が付いた時点で、ただの言葉遊びではなくなるのでございます。五線譜を知っている大人は、「やられた!」とつぶやくはずです。締めのひとことも、洒落ております。子供向けの乗り物絵本としても楽しめる絵本ですが、五線譜、英語を知っている大人には、質の高い言葉遊びアート絵本として堪能できる作品となっております。

 

大人が楽しめる言葉遊び絵本、是非一度ご賞味くださいませ。

(文:N田N昌)

 

関連記事リンク(外部サイト)

奈良美智、女優・のんさんも認める絵本作家、茂田井武とは
日本とイタリアの人気絵本が酷似している理由
絵本ファンには見逃せない映画が奇跡の同時上映中!
「勇者ヨシヒコシリーズ」が好きな人ならハマるはず!ドイツのシュール絵本
大人が絶対声を出して笑える二冊の「お月さま絵本」

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。