体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新潟駅前でおいしいお酒とこだわりのアゴ出汁ラーメンを楽しめる「浦咲」

f:id:bbhotstp:20170610143934j:plain

新潟駅前でこだわりのラーメンとお酒を楽しめるお店

新潟駅前には、新潟ならではおいしいお酒やお米など、いろいろなおいしいものを提供しているお店が多々あります。

今回はそうしたお店の中から、シメにピッタリなおいしいラーメンを提供しているお店をご紹介したいと思います。

f:id:bbhotstp:20170610143855j:plain

お店の名前は「ラーメン浦咲」。

f:id:bbhotstp:20170610143916j:plain

ラーメンメニュー

f:id:bbhotstp:20170610143925j:plain

サイド、おつまみ、ドリンクメニュー

看板メニュー「焼あごラーメン塩」

こちらのお店の看板メニューはこの一杯です。

f:id:bbhotstp:20170610143934j:plain

▲焼あごラーメン塩(880円)+三味叉焼トッピング(300円)

メチャクチャ深みあふれるスープです!

うまい!!

あっさりとしたスープには強い魚介系のうま味がギッシリと詰まっています。

かといって魚臭さなどはなく、また、いろいろな味が複雑に詰まりながらも、きれいにバランスが取れた味に仕上がっています。

f:id:bbhotstp:20170610143943j:plain

そんな深みある味わいのスープを邪魔しない多加水細麺

追加トッピングのチャーシューは3種類がのっています。

f:id:bbhotstp:20170610143956j:plain

バラ肉のロールチャーシュー

f:id:bbhotstp:20170610144005j:plain

肩ロース

f:id:bbhotstp:20170610144014j:plain

トントロ

それぞれ、しっかりと味が染み込みつつ、肉のうま味もしっかりと残り、部位ごとの食感と味の違いも楽しめます。

f:id:bbhotstp:20170610144023j:plain

ワンタンも入っています。

お酒の後のシメのラーメンというと、あっさりサッパリなものをイメージされると思いますが、そうしたものとは明らかに一線を画す、こだわりの一杯となっています。

それでいて、お酒の後に食べてもサラっと食べられるというのが不思議です。

こだわりの一杯のおいしさの秘密とは!?

今回は、ラーメン通の舌を満足させつつ、シメにも最適という、二刀流的な「浦咲」の一杯のこだわりの秘密へと迫ってみました!

f:id:bbhotstp:20170610144034j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。