ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【カレールウ不要】スパイスだけでつくる激ウマ「キーマカレー」【東京カリ〜番長】

▲玉ねぎを粗みじん切りにしておく

8mm~1cm角程度でOKです。

ふぞろいの玉ねぎたち。なんつって(←ホントもうやめれ~!!)

そうだ。

カレー教室やったり、レシピを提供した時なんかに、

「玉ねぎ小とか大とかってどれくらいの大きさ(重さ)なんですか?」

という質問をたまにいただきますので、今回は実際の例をば。

f:id:Meshi2_IB:20170329112025j:plain

今回の玉ねぎ(小)は131gでした。

一般的には170g以下(可食部150g前後)が玉ねぎの小らしいので、これはちょっと小さめですね。

f:id:Meshi2_IB:20170329112026j:plain

皮やヘタ、根の部分を切り落とすので、粗みじん切りの正味は112gとなりました。

これより少ないのはちょっと出来上がりの味に物足りなさを感じることがあるので、このくらいが最低限の玉ねぎ(小)の分量だと思ってください。

下ごしらえに戻ります。

f:id:Meshi2_IB:20170329112027j:plain

▲トマトはヘタを落として、粗みじん切りにしておく

f:id:Meshi2_IB:20170329112028j:plain

ヘタの部分はこんな感じに切って別で取っておいてください。

トッピングに使います。

f:id:Meshi2_IB:20170329112029j:plain

粗みじん切りは、身の部分をザクザクとこんな感じに。

ふぞろいの……ハイ、やめときます(笑)。

f:id:Meshi2_IB:20170329112030j:plain

▲ニンジンはすりおろして水(50cc)で溶いておく(ニンジンジュースを作る感じです)

水と一緒にミキサーにかけてもOKです。

下ごしらえの準備ができたら、調理の開始です。

さっそく料理!

f:id:Meshi2_IB:20170329112031j:plain

「でらいつカレー」のレシピ撮影は完全にひとりでやってます。

こんな風にカメラをセッティングして。

もちろん、自宅です。生活感満載です……お恥ずかしい(笑)。

あ、ワタシの右腕後ろに見える白い炊飯ジャー、30年選手です。どーでもいいですね。

はい。

調理に戻ります。

いつものように、ちょっと深めのフライパンで、できるだけノンスティック加工(くっつかないヤツ)のものを用意してください。

f:id:Meshi2_IB:20170329112032j:plain

▲フライパンに調理油(大さじ1.5/材料外)を中火で熱する

f:id:Meshi2_IB:20170329112033j:plain

▲みじん切りにしたにんにくを加える

油を熱したところに加えるので、入れた瞬間ジュワッとします。

油の飛びはねに注意してください。

f:id:Meshi2_IB:20170329112034j:plain
前のページ 1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy