ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

背筋も凍る納涼スポット!水木しげる×すみだ水族館

夏のデートやお出かけにおススメの、身近な納涼スポットといえば“水族館”。この夏、東京・墨田区にある「すみだ水族館」が、背筋が凍るような初のコラボレーションを果たす…!?

7月15日(土)~9月10日(日)の期間、すみだ水族館では、館内の展示エリア「クラゲ万華鏡トンネル」を、「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる漫画家・水木しげるの描いた“水”にまつわる妖怪たちで演出する「水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル」を初めて開催する。

長さ約50mのスロープの壁と天井に約5000枚の鏡を貼りつめた展示エリア「クラゲ万華鏡トンネル」が夏季限定のお化け屋敷空間に。トンネルの壁にあるクラゲ水槽の中では、青白い明かりに照らされながらまるで火の玉のようにゆらぐクラゲたちが遊泳する。

同時に、水木しげるの描いた「河童」や「大蛸の足」、「化け鯨」、「海月の火の玉」、「金魚の幽霊」など、おどろおどろしい9種類の水の妖怪たちが映像やイラストで登場。夏の暑さを忘れ背筋も凍る妖怪トンネルへと変貌をとげる。

さらに空間全体の薄暗さや水が滴り落ちるような音響効果が恐怖心をあおり、古井戸や破れた障子、夏の夜を連想させる昼夜2種類のアロマが、トンネル内にいっそう怪しげな雰囲気を醸し出す。

ほかにも、フラッシュ撮影をすると人物の背後に目には見えない妖怪が浮かび上がる不思議なフォトスポットや、

水木しげるの描いた妖怪「目玉おやじ」をイメージした、1日20食限定の特別メニュー「目玉おやじの目玉パフェ」500円(税込)も登場し、妖怪の世界にどっぷり浸ることができる。

「水木しげる×すみだ水族館 水の妖怪トンネル」で、夏の暑さを吹き飛ばそう!

(C)水木プロダクション

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。