ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トルネードで300メートルも飛ばされた犬が、命からがら生き延びる!?

トルネードで300メートルも飛ばされた犬が、命からがら生き延びる!?

トルネードに巻き込まれ、道路の向こう側に飛ばされた犬がつい先日、家族の元に戻ったという。

約3週間前、トルネードがノースカロライナ州デイビー郡を通過し、Lewis Vannoyさんが飼っている12歳のオーストラリアン・シェパード、デュークが300メートルほど飛ばされた。

「(デュークは)渦を巻いた風の中に巻き込まれ、ぬいぐるみのように持ち上げられて放り投げられたんだ」、「デュークの元にいくと、彼は放牧場の道路の向こうにいた。ほとんど歩けず、ひどい痛みに襲われてね。力が出ず、鳴いていた」とVannoyさんは語っている。

デュークの右足は折れていて、網膜も傷ついていたという。デュークは、何度も手術を受け、動物病院に入院していた。

現在、デュークは家に戻り、くつろいでいるが、Vannoyさんはまだトルネードによる被害のショックから抜け出せないようだ。

「35年かけて築いてきたものが、35秒で破壊されてしまった。家や倉庫、ガレージ、トラクター、芝刈り機、損傷を受けていないものはここには1つもない」と語り、家の損傷はあまりにもひどくて、直すことができないという。

「もう一軒家を建てて、もっとたくさんの思い出を作るよ」とVannoyさんは話している。Vannoyさんは馬も飼っているが、その馬もトルネードに巻き込まれ、生き残ったそうだ。

もしトルネードの警報が出たら、避難してほしいとVannoyさん。状況はもっと最悪なものになっていたかもしれないからだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

トルネードで300メートルも飛ばされた犬が、命からがら生き延びる!?

警察がSNSに投稿したニセのマグショットが思わぬ注目を浴びる

待望の『ウォーキング・デッド』シーズン8、ファンが人気キャラクターのミショーンを心配するワケとは?

キャメロン・ディアス、ハリウッドから離れた真相を語る

大手ウォッカブランドがトランプ大統領を最新の広告で皮肉り話題に

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。