ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギリシャ神話の女神が銀河を駆ける!?レースゲームじゃないようでレースゲームな怪作『The Next Penelope』

ストイックさとスピード感を併せ持つレースゲームは昨今、縮小傾向にある。かつては『F-ZERO』、『WipEout』と言った作品が人気を博していたが、いずれも人気に陰りが現れ始めるなどして、新作が出なくなってしまった。

後者は先日、旧作三本をまとめたリマスタータイトル『WipEout Omega Collection』が販売され、シリーズは辛うじて存続しているが、前者に関しては停止状態にあり、主人公格のキャラクターは今やゲームではなく、お昼のランチの人として知られるようになっている状況だ。
 image12
 
『The Next Penelope Race to Odysseus』は、そんなレースゲームの系譜を汲みつつ、一石を投じる試みを行った作品である。開発はフランス在住のゲーム開発者、Aurelien Regard氏。氏は国内ではニンテンドーDS向けに発売された『BRICKDOWN ブロックくずしのフランス革命やぁ~!(販売元:サクセス)』、プレイステーション3、Xbox 360、Windows PC向けに発売された『地獄だい好き Hell Yeah!(販売元:セガ)』などで知られるゲーム開発会社Arkedo Studioの設立者の一人で、今作ではゲームデザイン、プログラム、音楽まで、ほぼ全てを一人で手掛けた。

宇宙船型のマシンを操縦し、2Dの見下ろし視点で構築されたサーキットを駆け抜けるレースゲームというのが大まかな内容。しかしてその実態は「レースゲーム…?」と、誰もが首を傾げてしまうこと確実なものになっている。

ジャンルの常識に捉われない、何でもありな要素を詰め込んだレースゲーム

image1
 
基本的なルールは、ライバル達との順位争いに挑み、上位入賞を目指すというもの。まさにレースゲームである。だが、今作においてそのルールは「コースの一つ」に過ぎない。
 
image6
 
一体、どういうことか?実は今作は、複数のコースで構成された「惑星」を攻略していく形で本編が進む。そのコースの中に、先のレースゲームお馴染みの順位争いが含まれているのだ。
「コースの一つ」なら、他に違ったコースがあるのかと言えばその通り。そして、それらこそが思わず首を傾げてしまうようなものなのである。どんなものか、その一部を紹介すると、
 
image7
 
自機を飲み込もうと、後方から迫りくる怪物から逃げたり、
 
image5
 
巨大な虫を捕獲したり、
 
image8
 
ゴースト(本物)と共に無人のコースを駆け抜けたりなど。

単なる順位争いに留まらない、ハチャメチャな展開が繰り広げられるのだ。
 
image14
 
また、本編のワールドに絡まない独立したコースも用意されているのだが、こちらは更にぶっ飛んでいて、自機を操縦してホッケーをしたり、コース上に散らばるコインを回収し続けると言った、「レースは何処へ!?」なシチュエーションの連続。
 
image3
 
更に惑星の最後にはボス戦が展開されるのだが、その内容もレースゲームだから順位争いをする…というものではなく、普通に殺るか殺られるかの真剣勝負。相手の攻撃を掻い潜りながら自機に実装された攻撃用の装備を使い、ダメージを与えていくという、レースゲームらしからぬ戦闘が繰り広げられるのだ。もちろん、自機にも耐久力が設定されているので、敵の攻撃を受けて空になってしまえば大破し、ゲームオーバー。力押しで乗り切ることもできない。

そんな順位争いと文字通りの戦闘を繰り返していくのが今作の詳細な内容。レースゲームでありながら、シューティングあり、アクションありの常識外れなゲームデザインを売りとしているのである。それもあって、プレイすればほぼ誰もが衝動的に首を傾げたくなる斬新としか言い様がない、レースゲームのような「なにか」に仕上がっている。

複数の装備、成長機能まで搭載した風変わりなマシン

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy