ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きれいとか、かわいいとか、お洒落とか。もうそれだけじゃ生きていけない。清水文太の原動力

行動を起こす源──。それが原動力。

世間からは「なんで?」と思われることでも、本人に聞くときちんと理由がある。そんな個人の「原動力」に迫ります。

「定時制の高校に通っています。『水曜日のカンパネラ』のコムアイさんのスタイリストもしてて、いまちょうどツアーで金沢とか静岡とか、いろいろなところを回ってるんです。あと、子どもと関わるアルバイトを少ししています」

──子どもが好きなんだ。

「子ども好きっていうか、子どもといると邪悪なものを感じないので安心するんですよね」

20170613_gendoryoku01.jpg

──文太くんは普段どんなところで遊ぶの?

「それが全然遊ばなくて。俺と同じ歳の大学生の子たちってワイワイ遊んでるけど、俺はそういうの得意じゃないから。どっちかっていうと美術館とかのほうが好き。高尾山に行って山に登ったり。人がいない静かなところが好きなんです」

──そうなんだ! ちょっと意外かも。洋服はどこで買ってるの?

「本当にばらばら。リサイクルショップでも買うし、ブランドの通販でも買うし。ブランドにこだわりはないんです。あとは友だちのブランドを着ることが多い。このトップスは、昨日フェスの仕事でお会いした『あやまんJAPAN』のファンタジスタさくらださんのブランド『S.F.SukoshiFushigi』です。バッグは友だちからのフィリピンのお土産。カラーリングがおもしろくて、もらってテンション上がりました」

20170613_gendoryoku02.jpg

──洋服を買うときのインスピレーションは?

「『これかわいい!』しかないかも。丈とか形もみるけど…。あとは、着てみて『違うな』って違和感を感じたら、買うのやめます」

──いままでいちばん高い買い物は何?

「どうしてもほしかったANREALAGEのコート。高校生のころにはまってて。いくらくらいだろう? 14万円くらいかな。がんばってがんばってバイトしてようやく買えた」

──高校生で14万円ってけっこう大きな買い物だね。

「そうですね。大変だったけど、いま考えたらいい経験だったなぁって」

──いつもすごくファッショナブルだけど、いつからファッションに興味を持ったの?

「そんなに早くはなかったかも。幼稚園のころはおばあちゃんに洋服選んでもらってて、どっちかっていうと絵を描くほうが好きだった。ちゃんと洋服を選ぶようになったのは小学校3年生とか。その前は4歳からずっとゲームやってました。10日間で200時間とかしてたこともあります」

──200時間!? しかも子どもで? 生粋のゲーマーだね…。

「けっこうまずかったらしい(笑)。ゲーム脳みたいになって、寝てるときも音楽流れてくるし。いまはゲームもしないし漫画も読まなくなりましたけど」

──さっき小3でファッションに興味を持ったって言ってたけど、きっかけはあったの?

「ファッション雑誌を読んだからかな。ゲームの本を探しに本屋さんに行ったんです。そこで偶然見つけて、こういう世界もあるんだなって興味を持った。中1ぐらいのときはギャルソンが好きで、がんばってお小遣いを貯めて買ってました。でも、ぜんぜん似合ってなかった。ぜんぜんお洒落じゃないし。昔の写真は見るに耐えない(笑)」

──文太くんにもそういう時期があったんだね。じゃあいつからいまみたいな個性的なファッションになったの?

「いまみたいなファッションになったのは、16、7歳くらい」

──そのきっかけは?

「住む場所が変わったからかな。心の余裕が生まれた。視野が広がりました。前は自分が生きるのに必死だったけど、いまは本を読んだり、服を着たり、そういうひとつひとつのことに楽しさを感じられるようになった。ファッションって心に余裕がないとぜんぜんお洒落に見えないから、そこが大きかったかなって思います」

──文太くんがお洒落だなって思う人っているの?

「やっぱりコムアイさんかな。動きとかもそうだし、知性もあるから全部がお洒落に見える。あとは、Poggyさん。すごくお洒落。ここから得られるものはないかな? ってよくインスタ見てます」

20170613_gendoryoku03.jpg

──文太くんはインスタを中心に注目されているけど、まわりの反応を感じたのはいつくらい?

「去年の9月に初めてイギリスの雑誌からモデル依頼をされて、それから最近いろんな人が注目してくださってますね。ありがたいけど、なんか…違和感があります」

──その変化に対して、いまどう感じてる?

「危ないなって思ってる」

──危ない?

「うん。ちゃんと地固めしないと、ただのitボーイって呼ばれて終わっちゃうから。俺はちゃんとスキルを学びたくて、いまはスタイリストの仕事をさせてもらってます。きれいとか、かわいいとか、お洒落とか、もうそれだけじゃ生きていけない。それに気づいていない人が多い。ただインスタでフォロワーが多いだけで勘違いしたりね。それが一生続くとは限らないし、インスタもいつ終わるかわからない。これはただのアプリだから。このアプリがなくなったら食っていけなくなる人が山ほどいるはず」

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy