「タウンWi-Fi」が台湾、香港、マカオでも利用可能に

access_time create folderデジタル・IT
公衆無線 LAN サービスへの自動接続アプリ「タウン Wi-Fi」が 5 月 25 日より台湾、香港、マカオでも利用可能になりました。タウン Wi-Fi は一度自動接続の設定を行うだけで、対応 Wi-Fi スポットの SSID をキャッチすると自動的に接続するアプリで、パケット通信量を抑制につながります。特徴はその膨大なサポート Wi-Fi スポット数で、海外ではこれまでに韓国と米国でも利用可能になっています。5 月 25 日に実施された v3.2.0 のアップデートで、台湾、香港、マカオのスターバックスコーヒーやピザハットなどの飲食店、空港、ショッピングセンターといった公共の施設が提供しているフリー Wi-Fi に対応しました。今後は、中国、タイ、シンガポールなどのアジア 6 カ国への対応も予定されています。「タウン Wi-Fi」(Google Play)Source : タウン Wi-Fi

■関連記事
SonyのFES Watch Uが6月12日に発売
Google、Nexus / Pixelデバイスの電話・オンラインサポートの提供期間を発表
トリニティ、NuAns Neo Reloadedの初期アップデートを開始

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧