ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全米チャート上昇中! “踊れる”ショーンを堪能「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」(Song Review)

全米チャート上昇中! “踊れる”ショーンを堪能「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」(Song Review)

 2017年4月20日にリリースされた、ショーン・メンデスの新曲「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」が、全米ビルボード・ソング・チャート(2017年6月17日付)で25位まで上昇し、順調にランクアップしている。また、イギリス、オーストラリア、デンマークでは4位に、アイルランドでは早くもTOP3入りを果たした。

 同曲は、2016年9月23日にリリースされたセカンド・アルバム『イルミネイト』からの3曲目となるシングルで、本作からは同年6月にリリースされたリード・シングル「トリート・ユー・ベター~ボクならキミを絶対に大切にする」が最高位6位に、10月にリリースされた2曲目のシングル「マーシー」が15位を記録し、アメリカのトップ40のラジオ局でもヒットした。

 その2曲のヒットに続くシングル「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」は、ファンキーなギターリフから始まる、ロックとも、フォークとも、ダンス・ポップともとれるナンバーで、優しく語りかけるように歌うAメロと、パワフルにシャウトする情熱的なフックとの対比がすばらしく、これまでリリースしたシングル曲にはなかった“踊れる”ショーン・メンデスが堪能できる。ジャスティン・ティンバーレイクのソロ・デビュー曲「ライク・アイ・ラブ・ユー」を彷彿させるような一面も。

 プロデュースは、ショーンのブレイク曲「スティッチーズ」や、ワン・ダイレクション、DJスネイク等のヒット曲を手掛けた、ニューヨーク出身の音楽プロデューサー、テディ・ガイガーと、2015年リリースのデビュー・アルバム『ハンドリトゥン』、そして『イルミネイト』に収録されているほとんどの楽曲に携わっている、こちらもニューヨーク出身のプロデューサー、スコット・ハリスが担当。スコット・ハリスは、ザ・チェインスモーカーズやアレッシア・カーラの作品なども手掛けている。

 「この曲をツアーに出る前にリリースしたいと思った」と話していたショーン。ツアーで演奏するのが楽しみというだけはあり、ライブで聴いたら、かなり盛り上がりそうなナンバーだ。日本では“第二のジャスティン・ビーバー”とも呼ばれているが、この曲でよりジャスティンの雰囲気に近くなった感じもする。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」
ショーン・メンデス
2017/4/20 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

ショーン・メンデス「1年の集大成のよう」、【2017 ビルボード・ミュージック・アワード】ノミネートについてコメント
ジョン・メイヤー&ショーン・メンデス、お互いの楽曲をマッシュアップしサプライズ共演
ショーン・メンデス&カミラ・カベロ、エド・シーランのカヴァー映像を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy