ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

好きな芸人・嫌いな芸人ランキング

好きな芸人・嫌いな芸人ランキング

『日経エンタテインメント!』(日経BP社)という雑誌では毎年「好きな芸人・嫌いな芸人ランキング」というのが発表されています。2017年7月号で今年の結果が発表されていました。今回の調査対象は25~54歳の男女。「好きな芸人」のトップ3は以下の通りでした。

 

1位 明石家さんま
2位 サンドウィッチマン
3位 ブルゾンちえみ

 

1位のさんまさんはすごい、そして2位のサンドウィッチマンももちろんすごい。でもやっぱり、何と言っても特筆すべきは、ブルゾンちえみさんが初登場でいきなり3位にランクインしていることです。ブルゾンさんの人気というのは本当に特別なものがありまして。この感じの人気、この感じの売れ方というのは、これまでのお笑いの歴史になかった珍しいパターンなのではないかと思います。

 

出てきたばかりの若手芸人が、いきなりここまで支持されることってあんまりないと思うんですよ。だいたいの人は、実力をちょっとずつ見せていって、ちょっとずつ支持を伸ばしていくものじゃないですか。それに、あまりにも勢いよくドーンと行ってしまった人は、最近では「一発屋予備軍」みたいな烙印を押されて、ネガティブな印象を持たれてしまうところもありますよね。

 

でも、今のところブルゾンさんにはそういう気配がない。いい感じで出てきて、いい感じで愛されて、いい感じでその人気を保っている、という完璧な流れに乗っているような気がします。

 

特に、ブルゾンさんは女性の支持率が高い。同じように女性の支持率が高い女性芸人として、渡辺直美さんがいますが、直美さんの支持者はどちらかというと10~20代の若い人が多い印象があります。一方、ブルゾンさんは、若い人だけではなく、アラサー、アラフォー世代の心もがっちりつかんでいる。お笑いにそれほど興味がないような人たちまで巻き込んでいるような勢いを感じます。

 

ブルゾンさんの何がいいかってよく聞かれるんですけど、まあ、はっきり言って、全部いいですよね。ネタがいい、曲がいい、3人組なのがいい、顔がいい、スタイルがいい、服装がいい、メイクの感じがいい、声がいい、しゃべり方がいい。現代を生きる女の人たちが潜在的に求めていた理想のキャラクターみたいなものがあって、そこにポーンと飛び込んできたような感じ。

 

「年の前半でブレークすると後半がキツい」などという俗説もありますが、いやいや、ブルゾンさんはまだまだこんなもんじゃないと思うんですよね。後半もこの勢いは止まらないんじゃないでしょうか。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。