体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WordPressの使い方!初心者でもサイト作成が簡単に

WordPressを使用するとデザインの変更や機能のカスタマイズ、データの管理を手軽に行える多機能なブログサービスを作成することができます。

実際、このTechAcademyマガジンもWordPressを使って作られたサイトです。他にも企業のコーポレートサイトやブログサイトなどの多くはWordPressを使われているのです。

サイト作成に便利なプラットフォームなので、ぜひ使えるように理解していきましょう。

そもそもWordPressとは何なのかよく分からない方は、今さら聞けない!WordPressとは【初心者向け】をご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

目次

WordPressのインストール手順
初期設定とインストール
WordPress管理画面の基本設定
記事の投稿方法
カテゴリーとタグの管理
ユーザー管理
パーマリンクの設定
テーマの使い方
プラグインの使い方
WordPressで知っておきたいその他の設定

 

20160620

 

田島メンター!!WordPressのことはなんとかわかったんですけど、どうやって使うんですかー?

20163020-2

 

WordPressを使うにはインストールや初期設定が必要なんだ。

 

20160620

 

なんだか難しそうですね・・・。

 

20163020-2

 

きちんと手順に従えば簡単にできるよ。インストールさえしてしまえば、簡単に記事の作成とかサイトデザインとかもできるから。それじゃあ教えてあげるね。

20160620

 

よろしくお願いします!!!

 

WordPressのインストール手順

用意するもの

PHP・MySQLが使用できるサーバー(レンタルサーバーなど)
以下の条件があります。

PHP バージョン 5.6 以上
MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上
(2016年11月時点)
FTPクライアント(今回はFileZillaを使用します)
独自ドメイン(yahoo.co.jpのように自分のサイトを公開する場合に必要です)

独自ドメイン、レンタルサーバーについては別途記事内で比較しています。合わせてご覧ください。

 

本体の入手とサーバーへのアップロード

まず、以下のサイトにアクセスしましょう。

https://ja.wordpress.org/

このボタンをクリックしてWordPress本体をダウンロードします。

wp_xp_1

ダウンロードし、解凍した「wordpress」という名前のフォルダを任意の半角英数字の名前に変更します。ここではwpとしています。(変更せず、「wordpress」のままでもOKです)

FTPクライアントを使用してサーバーに本体をアップロードします。今回はFileZillaを使用します。
サーバーに接続し、WordPressを設置したい場所にフォルダごとアップロードします。

wp_xp_2

アップロードしたフォルダのある場所にアクセスします。※
※例えばhttp://xxxx.ne.jp/に「wp」と名前変更したWordPressフォルダをアップロードした場合、アクセスする場所はhttp://xxxx.ne.jp/wpとなります。また、これがそのサイトのアドレスになります。

 

初期設定とインストール

データベースの設定を行います。「さあ、始めましょう!」のボタンをクリックします。

wp_xp_3

データベース名・ユーザー名・パスワード・データベースのホスト名を入力し、「送信」ボタンをクリックします。これらは使用しているレンタルサーバーにより設定が異なります。

wp_xp_4
1 2 3 4 5 6 7次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。