ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ダイエットの常識に挑め!~マガジンハウス担当者の今推し本『どんなに忙しい人も必ずやせるビジネスマンの最強ダイエット エグゼクティブ・ダイエット』

土井:すっごく良くなります。あとなんていうか、体がきれいになった感じする。ダイエット後に、とんこつラーメンとかガッツリ食べると、体が臭く感じるぐらい。

敏感になるんですね。先ほど、40過ぎたら‟好き”を見直せって仰ってましたけど、土井さんご自身が見直した「好きなもの」って何だったんですか?

土井:ラーメン。ポテトチップス。あとジュース。昔の僕は、ポテトチップスをジュースで流すような食べ方をしてました。ポテトチップスにコーラって最高だよな!って(笑)。ポテトチップスは安いところで大量買いしてましたし。

今の土井さんからは考えられないですね!

土井:あとは他人から見た自分に気づくことも大事ですね。僕はまず最初、歯と白髪染めから入ったんですよ。ある日電車で、かつて華やかに活躍されてたのにスキャンダルで消えてしまった方と偶然向かいに乗り合わせた時に、髪がすごく白くて…。あ、こんなふうに見えるんだと思ったのね。これはいかんと。ビジネスマンとして勢いがなく見えるのはマズいことだと気づいて、まず白髪を染めました。そして、歯を治し…。

歯、すっごくきれいですもんね!

土井:300万かかってますからね(キラッ)。僕、人間は運命を変えられると思っていて、それを信じているから、こういう出版の活動とかやってるんですけど、やっぱり自分を正しく知るということと、変えられると信じることはすごく大事。付き合う人も変わりますから。特に体形とかダイエットというのは基本的に友達間でうつると言われてまして。

わかる…。

土井:太ってる人はだいたい友達も太ってる。だから体形を変えることは友達を変えることでもあるんです。そしたら運命も変わる。

仕事も変わりますね。

土井:変わります。声をかけてくる人が変わりますから。体形が良くないと声をかけてくれない業種ってあるんです。ファッション系とかアート系とか。そういう人たちから無視されるっていうのは、チャンスを逸していることになるんですよ。それはビジネスマンとしてもったいないから。

一日5分なら筋トレもできそうだし、言われてみると確かに朝食抜きもやっていけそう。でも、それ以外の食事の調整が難しそうなんですよね…。

土井:みんな糖質制限とかいろんなことやってらっしゃると思うんですけど、なぜリバウンドするかというと、結局ね、食事に対する不満があるからなんですよ。だから、食事に対して一切の不満が出ないようなものを食べるようにする。やむを得ずコンビニ飯で済ますときは、満足度と満腹感が出るようにサラダを3つ買ってください。これ高くつくんです、1200円かかるんで。でも朝食抜いてるから、朝食分に500円ぐらい付けたと思えばいい。

2017-06-094

最近のコンビニサラダは種類が豊富で、たんぱく質も一緒に摂れるものも多い。3つも食べれば、満腹度もかなりのもの。

朝食抜いた分がいろいろ使えますね。時間とかお金とか。それにしてもサラダ3つですか。

土井:これ始めると、コンビニの方にお箸は何膳いりますかって聞かれるの(笑)。

ですよね。

土井:これを「一膳!」と答えることで、自尊心が養える(笑)。俺は違うことをやってるぞというイノベーティブな気分ですね。だってみんなワンパターンな食事してるんですよ。サラダ買ったとしても、他にごはんと肉系を買って、そして最後にフルーツだとかヨーグルトだとか付ける。そういう食事ばかり続けて40歳を過ぎると、日本人体形になってしまう。

その常識を変えるんですね。

ゲスト:そうそう、同じことやってもしょうがない。それはビジネスも同じ。

この本はすべてビジネスにつながってるんですね。非常にリアリスティックというか。

土井:やっぱり、体が重くなると気分も重くなる。体が軽快に動くって、それだけでビジネスの効率も違うんですよ。

確かに土井さん、すごくエネルギッシュですもんね。姿勢もいいし。

ゲスト:いやあ~、昨日もね、朝4時まで飲んでますからね。

マジですか(笑)。

土井:最近、8時ぐらいまで飲めますから。エネルギー的に言うと、12年前に戻った感じ。毎日朝まで飲んでた30歳の頃に。もちろん今それはやらないけど、やれるレベルになってます。

前のページ 1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき