ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨーロッパで一番クールな都市!?オランダのロッテルダムの魅力とは?

世界都市の一つ、オランダのロッテルダムが今注目され始めました。歴史深いヨーロッパの都市の中でも、先端のトレンドを感じることができる、今一番クールな都市かもといわれています。最先端のアーティスティックな建物、そしてびっくり地球温暖化対策など、新しいムーブメントと共にご紹介します。

新大陸への港、そして今はヨーロッパ1の貿易港

オランダのロッテルダムは、次に来るヨーロッパで一番クールな都市!
オランダのロッテルダム。その昔、その港からは多くの移民たちが成功を夢見てアメリカへと旅立ちました。港湾地区に建つホテルニューヨークは当時、移民が船に乗る前に宿泊したホテル。その趣は荘厳です。また常にヨーロッパでもっとも貨物取扱量が多い貿易港でもある世界都市です。

アートがあっちこっちで溢れる都市

オランダのロッテルダムは、次に来るヨーロッパで一番クールな都市!
(c)Atsushi Ishiguro

この建物、実はマーケットなんです。食料品をメインに、生活に必要なものも手に入ります。このくり抜いたカマボコのような形。周りの部分は住居です。そして内壁は前衛的なペインティングが彩り、外側から見れば、街なみが映りこんだ巨大なガラスの壁もまた、アート作品になります。

また、街を歩けば、様々な屋外アート作品に出会えます。古くは17世紀の作品から、ピカソの46トンという巨大なものまで。アートを感じさせる、最先端の建物にも目が奪われます。

目を引く建造物がまたすごい

オランダのロッテルダムは、次に来るヨーロッパで一番クールな都市!
この巨大なブーメランのような建物が、ロッテルダム駅。しかし、かなり斬新ですよね。

オランダのロッテルダムは、次に来るヨーロッパで一番クールな都市!
そして、こちらの建物が、キューブと呼ばれる住宅。中がどうなっているのか、かなり気になります。

他にも、水に浮かぶ、フローティングパビリオンは、水に浮かぶ真っ白な複数のドームが連結された、まるで未来の宇宙住宅といった印象の建造物で、太陽光発電ですべてを賄います。地球温暖化による水位上昇に対応するもので、このような水に浮かぶ太陽光発電の家を2040年までには、13,000戸建設しようという意気込みだそうですよ。

こんなに前衛的で、アーティスティックな建造物を町中に作るなんて、ロッテルダムの人たちは、どんな人たちなのか、さらに気になってきます。

オープンなライフスタイル

オランダといえば、世界をまたにかけた商業でその名をはせた国。鎖国中の日本でさえ、出島を作り交易を続けていた国です。その昔から、フロンティア精神にあふれていたのですね。

そして、ここ何年か、ロッテルダムでは街を変革するためのアイデアを市民から募りました。その結果採用されたのが、街の中のサーフィン施設。あのマーケットのすぐそばに2017年オープン予定です。これまた、かなり面白そう。ぜひ見てみたいものです。

オランダのロッテルダムは、次に来るヨーロッパで一番クールな都市!
ロッテルダムへのアクセスは、首都のアムステルダムから電車で1時間ほど、パリから電車で2時間40分。オランダの政治都市ハーグへは、トラムで行くこともできる距離です。

[Photos by Atsushi Ishiguro, and shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。