ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

純正キーレスでも設置が簡単な車上荒らし対策

純正キーレスでも設置が簡単な車上荒らし対策

車上荒らし対策にカーセキュリティを導入したくても、純正キーレスでON/OFF設定できるようにするには取り付け施工が必要なことがほとんど。それが面倒という人も多いでしょう。そこで導入したいのが、純正キーレスでも自分で設置できるカーセキュリティシステム。純正キーレスでも車上荒らし対策が簡単です。

純正キーレス連動の車上荒らし対策

音と光で車上荒らしを威嚇し、車体の揺れやドアの開放などを付属リモコンで知らせる本格的なカーセキュリティシステムがユピテルの「VE-S500R」。音と光で不審者を撃退するセキュリティアイテムです。

純正キーレスでON/OFF操作をする製品は、大抵は業者による取り付け施工が必要となりますが、VE-S500RはOBDⅡコネクタに接続するだけ。あとは設定で愛車のメーカーを登録します。

これだけの設定で純正キーレスと連動した車上荒らし対策が可能。離れた場所でもクルマの異変を知らせてくれます。リモコンの通信距離は住宅地で300~600m。駐車場が自宅から離れていても安心です。

車上荒らしの異常をリモコンが表示

実際の設定方法は、まず本体ケーブルをOBDⅡコネクタに接続して設置。本体の「MODE」ボタンからクルマのメーカー登録や設定を行います。これで純正キーレスのドアロックにカーセキュリティが連動するのです。

車上荒らしなどの愛車の異常は、警報音とアイコンでリモコンがキャッチ。衝撃・ドアの開放・傾斜…、何が起こっているのかはモニターの表示で分かります。もちろん車内にも警報音が鳴り響く設計です。

カーセキュリティシステムの警報音圧は90dB/m。本体サイズは94W×22H×84Dmmで、重さは89g。リモコンサイズは37W×62H×15Dmmで、重さは33gとなっています。実勢価格は12,663円です。

関連記事リンク(外部サイト)

車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証
ダイヤル式南京錠は道具不要で開錠できる危険性
開錠されても気づかない電動ドリルの侵入手口
自転車の鍵はボルトカッターで簡単に切断できる
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。