体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロバート・タージャン氏を直撃取材―IntertrustはLINEのセキュリティ技術に何をもたらすか?

LINEとIntertrust社が共同でセキュリティ・サミットを開催

LINEは、Intertrust Technologies Corporation(本社:カリフォルニア州、以下:Intertrust)と共催で、アプリケーションセキュリティおよびデータプライバシー強化ソリューションの促進を目的とするカンファレンスを、5月17日新宿ミライナタワーの本社オフィスで開催した。

AI、ビッグデータ、IoT、ロボティクスなど近年のテクノロジートレンドは、新しいユーザ体験や新規サービス、新規ビジネスの創出に大きく貢献し、私達を取り囲むビジネス環境や社会インフラを「未来型インフラ」へと変えていく原動力として期待されている。

一方で、技術の進化と共に常に懸念されるのがセキュリティやプライバシーだ。セキュリティの危機は、単になりすましや情報漏洩といった個人・企業にとってのリスクに止まらず、サイバー犯罪やテロといった国家およびグローバルレベルのリスクにも直結している。

LINEは、MAU2億人を超えるコミュニケーションアプリ「LINE」をはじめ、幅広いモバイルアプリ・サービスを提供しているが、ユーザー情報の保護についても高い関心をもって取り組んでいる。

社内のセキュリティ専門組織による各サービスにおける高度な暗号化技術の採用、厳格な内部ポリシーの制定・運用、セキュリティ・プライバシーに関する国際的な外部認証の取得・維持、「LINE」アプリの脆弱性の発見を公募し、報告者に報奨金を支払う「LINE Bug Bounty Program」の実施などもその一例だ。

一方、Intertrustは、25年以上にわたる研究開発の成果として、ソフトウェア・アプリケーション・スマートフォンのセキュリティ技術として世界をリードする「whiteCryption」や様々な高度な認証サービスなど、いくつかのセキュアシステムを商品化している。

今回両社が共同で開催した「LINE and Intertrust Security Summit」のテーマは「Exploring Technologies for Trusted Apps and Services」。

モバイル端末やIoT機器がサービスのエンドポイントとして重要な役割を果たす時代において、いかにして信頼あるエンドポイントを実現し、その上にどのように信頼あるサービスを提供できるかについて、セキュリティや暗号分野のサイエンティストや業界ソートリーダーが一堂に会して議論した。

スピーカーとして高い注目を集めたのは、Intertrust社のチーフ・サイエンティスト、ロバート・タージャン氏。アルゴリズムとデータ構造の専門家で、ネヴァンリンナ賞(1982年)、チューリング賞(1984年)の受賞者、現在はプリンストン大教授でもある。

Intertrust社のCTO、ディヴィッド・メイヤー氏と共にインタビューに応じてくれた。

左から、Intertrust Chief Scientist Robert Tarjan(ロバート・タージャン)氏・Intertrust CTO David P. Maher(ディヴィッド・メイヤー)氏

「whiteCryption」──アプリのセキュリティをコードレベルで守る

──まずIntertrus社の技術の概要をご紹介下さい。

メイヤー:当社の「whiteCryption」のセキュリティ技術は、自動車・ヘルスケア・銀行・金融からエンタテイメント・メディアまで、世界の様々なバーティカル市場でソフトウェアアプリケーションの保護に採用されています。

日本でも、大手電機メーカー数社が、テレビをネットにつなぐことで、いつでも好きなときにコンテンツを視聴できるIPTVにおける著作権管理やセキュリティを強化するためのツールとして活用しており、当社はソニーやパナソニックなどとも協業関係にあります。私自身も日本にはよく来ているんです。

LINEはコミュニケーション・サービスの企業ですが、サービスプロバイダとして大きな役割を果たしている。私たちの重要なパートナーの一つです。

──さまざまなWebサービスが発展し、それにアクセスする手段としてスマートデバイスが重要になっています。それに伴って、スマートデバイスのセキュリティについても高い関心が寄せられています。こうした現状をどう認識されていますか。

メイヤー:いまやスマホを使って、ガレージのドアを空け、自動車を走らせることができる時代です。鍵代わりになるし、家電のリモコンにもなるし、さらにIoTの情報端末にもなる。スマホの中にはヘルスデータや認証キーなど、他人に見られてたくない、さまざまな個人情報が詰まっているわけです

それらをセキュアにする技術が強く求められています。私たちの主要プロダクトである「whiteCryption」はデスクトップだけでなく、スマホにも導入されています。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。