体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

池澤あやかとプログラミングで学ぼう!機械学習のための数学講座【行列編】

機械学習のための数学ゼミ第三回は行列編!

第一回の「確率分布編」、第二回の「ベイズの定理編」に続き、第三回は行列編です。

まずは本連載の登場人物をご紹介します!

<登場人物>


池澤あやか
タレントときどきエンジニア。数学は苦手だけど、機械学習入門したい。


増井雄一郎
株式会社トレタのえらいエンジニア。本人曰く、プログラムは書けるけど数学をまともに勉強したことがない。


梅崎先生
今回数学を教えてくれる先生。社会人のための数学教室「すうがくぶんか」の講師。

行列とは!?


第1回目は二項分布と多項分布、第2回目はベイズの定理について学びました。今日は『行列』について学びます」


「行列…? 高校時代は文系だったので数学はⅡBまでやったのですが、確か私が学習した範囲では扱ってないような」


「行列って、つまり何者なんですか?」


行列とは簡単に言ってしまえば1次方程式のことなんですよ。下のようなよく見る1次方程式は、行列でこう書き下せます」

●Before

●After


「メリットが分からん(笑)」


「こんな短い式だとメリットが分かりにくいですね。でもこんな長い式だとどうでしょうか?」

●Before

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。