体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【燻製】魔法の調味料「燻製塩」をご存じですか【自作レシピ】

換気扇は「強」でまわし、キッチンに窓があればあけておくのがオススメです。

私の場合は、特に部屋ににおいは残りませんでしたが、部屋のソファやぬいぐるみなどのファブリック類はビニールなどで覆ったり、別の部屋に逃がしておいたほうがよいかもしれません。

あとはサーモスタットなどで火が落ちないよう、温かく見守りましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170329112328j:plain

タイマーが鳴ったら、火を消します。ここですぐフタを開けるとやけど&大量の煙に見舞われる恐れがあるので、絶対に触らずにそのまま10分少々待ちます。

(※ヤケドのおそれがありますので、ボウルが確実に冷めるまでは触れないようにしましょう)

f:id:Meshi2_IB:20170329112329j:plain

こうしてボウルに触れられるくらい冷めたら、いよいよ開封の儀を行います!

f:id:Meshi2_IB:20170329112330j:plain

おや、煙はすっかり落ち着いていますね。

f:id:Meshi2_IB:20170329112331j:plain

でもボウルとアルミホイルには、しっかり燻製色が!

f:id:Meshi2_IB:20170329112332j:plain

真っ白だった塩がキツネ色に!

塩もちゃんと、まんべんなく燻製されています!

f:id:Meshi2_IB:20170329112333j:plain

アルミホイルをはがして、上からボウルの底をのぞいたところ。

チップがこんがりとこげ茶色になっています。

f:id:Meshi2_IB:20170329112334j:plain

上のボウルはタールでも塗ったように真っ黒です。

f:id:Meshi2_IB:20170329112335j:plain

手や服に付くと落としにくいので、ボウルの扱いには気をつけて。この程度だったら、手洗いしたあとお風呂に入ればスッキリ落ちます。

f:id:Meshi2_IB:20170329112336j:plain

網は上のボウルほどではありませんが、こちらもこんがり色づいています。

f:id:Meshi2_IB:20170329112337j:plain

底に敷いていたボウルは、どこかオカルト感のある不思議な色になりました。

f:id:Meshi2_IB:20170329112338j:plain
前のページ 1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。