ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」

あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」

ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。

デフォルメされたその姿は、なんだか前よりも親しみやすく感じませんか?

なるほど、そう見えましたか…。

あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」あの観光名所が…想像力豊かすぎる「落書きノート」

訪れた場所を意外なモノに変身させるのは、モレスキンノートとカメラを持って旅をするPietro Cataudellaさん。街をラクガキと融合させる氏のプロジェクト「CityLiveSketch」は、FacebookInstagram(@Citylivesketch)でも楽しめますよ。

もし世界の名所の前に立ち、ノートを開いてパシャっと撮影するフシギな男性を見かけたら、彼に間違いないでしょう。Licensed material used with permission by Pietro Cataudella

関連記事リンク(外部サイト)

世界有数の「観光名所」なのに、違った角度から撮影したとたん・・・ここどこ?
【ハワイ】ガイドブックに載らない「あの名所」がついに取り壊し!
「観光客」と「旅人」の違いを描いた14枚のイラスト

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。