ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「貞子vs伽椰子フェイスパック」爆誕! 貞子と伽椰子になりきって美肌ゲット[ホラー通信]
  • 白石晃士・内藤瑛亮ら“Jホラーの鬼”6名が参加! 『残穢【ざんえ】』姉妹作品「鬼談百景」が映像化
  • 迷犬「ダンテ」のモデルは死者の国への案内犬だった!? 『リメンバー・ミー』ボーナス&本編映像を独占解禁
  • ブラピの嵐を呼ぶモーレツ!アフガン大作戦 『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』
  • 「どこか不機嫌な美少女に惹かれた」問題作『私の男』熊切監督が語る女優・二階堂ふみの魅力
  • 『クリーピー 偽りの隣人』で強烈な存在感を見せた女優・藤野涼子「自分で役を作っていく確信を得た」
  • 【動画】大野拓朗に抱かれた巨大猫の「金時」に会場うっとり『猫忍』初日舞台挨拶レポ
  • ジェニファー・ローレンス、『X-Men』からの卒業と映画『パッセンジャー』への出演は「大きなステップ」
  • 園子温『TOKYO TRIBE』ヒロインに大抜擢! 清野菜名インタビュー「エンドロールで驚かれる女優になりたい」
  • オレオレ詐欺でダマした相手が悪かった……! 北野武監督『龍三と七人の子分たち』で“アウトレイジ顔”なジジイたちが大暴れ
  • 【動画】死者の国を舞台とするピクサー最新映画『リメンバー・ミー』、新トレーラーが公開
  • 「『君の名は。』の男主人公が大阪の子だったら……」 ツイートが話題に
  • クリストファー・ノーラン監督、映画『ダンケルク』は最高のキャストが揃ったと語る
  • 【現地レポート】シャーリーズ・クリス・ジェシカにシンガポールが熱狂! 『スノーホワイト/氷の王国』アジアプレミア
  • シュワちゃん復帰作『ラストスタンド』のBD&DVDが登場! ワイルドイケメンからのコメントも
  • キアヌ・リーヴスが美女2人にフルボッコ! 本年度最強サイコスリラー『ノック・ノック』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

プロポーズされたい国内のおすすめスポット20選!

 

5.スカイツリー/東京都

photo by pixta

今や東京観光のシンボルになりつつあるスカイツリー。電波塔として世界一の高さを誇っていることから、どこよりも高い場所で愛を告白したいという男性に人気のようです。

押上駅を出て見上げるスカイツリーの大きさにも驚愕しますが、浅草周辺の下町デートを楽しんだ後に、近代的なスカイツリーの展望デッキで最上の愛の告白を受けるギャップもまた驚き。スリリングな場所が好きという女性にもぴったりです。

 

6.阿蘇外輪山の大観峰/熊本県

photo by pixta

アウトドア好きなカップルには、雄大な阿蘇大観峰で登山をしてから、絶景を眺めてのプロポーズがおすすめ。反対側には阿蘇の大牧草地帯もあり、開放的な気分になれること間違いなしです。

アクティブな彼のたくましさに道中惚れ惚れしてしまうのに、絶景に映える横顔なんて見せられたらもう…。プロポーズなんて待ってられずに逆プロポーズしちゃいそうになっちゃいますよね。

眼下に広がる阿蘇谷と、豊かな田園風景を眺めながら、彼との将来をゆっくり考えてみてはいかがでしょうか?

 

7.阿智村の星空/長野県

photo by pixta

環境省が実施する全国星空継続観測で見事1位を獲得し、日本一の星空として認定された長野県の阿智村。富士見台高原ヘブンスそのはらでは所有時間約15分のロープウェイで星空遊覧が楽しめます。

街の光が届かないほどの山頂で一斉に響く「消灯!」の声。合図とともに現れるのは、掴みとってしまいたくなるほどの星空です。実際に消灯した後にプロポーズする人は多く、
勘付いたとしても想像を絶する絶景に皆言葉を失ってしまうそうです。

 

8.愛国駅・幸福駅/北海道

photo by pixta

旧国鉄・広尾線の面影を残す施設の一つで、幸福駅のシンボルとなっています。木造の駅舎跡で、鉄道駅時代は待合室として多くの人に利用されていました。

幸福駅舎西側にある「幸福ふれあい公園」には「幸せのひろば」が設置されており、幸福駅の名にあやかって結婚式を挙げる人も多いそう。プロポーズの後に「愛国駅~幸福駅」の切符の石碑で記念写真を撮るのがフォトジェニックでおすすめです。

前のページ 1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき