ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー、ダニエル・クレイグ、映画『Logan Lucky(原題)』でチームを組む

スティーヴン・ソダーバーグ監督の映画復帰作で、おかしなキャラクターの一団を描いた映画『Logan Lucky(原題)』のトレーラーが初公開された。

映画『エージェント・マロリー』、映画『サイド・エフェクト』、映画『マジック・マイク』でソダーバーグと仕事をしたチャニング・テイタムが出演する。ジミー(テイタム)、ミリー(ライリー・キーオ)、クライド(アダム・ドライヴァー)のローガン兄弟が、コカ・コーラ600レースの最中に綿密な強盗を実行しようとする。

しかし、計画を進めていくうちに、助けが必要になることがわかる。そして、ジョー・バン(ダニエル・クレイグ)が計画に加わる。

クレイグはテイタムとドライヴァーに「俺は収監中だぞ」と言う。テイタムは「俺たちには、お前をここから出すプランがある」と答える。

クレイグは「ローガン兄弟は評判どおり、頭が弱いな」とトレーラーの後半で言う。

トレーラーから見るに、クレイグの躁病気質と甲高いおしゃべりは、彼を一躍スターにした、落ち着きのあるジェームズ・ボンドのイメージからの大きな旅立ちになりそうだ。

他の出演者には、セス・マクファーレン、ケイティ・ホームズ、ヒラリー・スワンク、キャサリン・ウォーターストン、セバスチャン・スタンらがいる。同作はソダーバーグにとって、劇場用映画としては2013年以来の監督作品となる。ソダーバーグは、2シーズン公開されたシネマックスのTVシリーズ『The Knick/ザ・ニック』の監督を手掛けた。また、HBOの映画『恋するリベラーチェ』では、ゴールデン・グローブ賞2部門とエミー賞11部門で受賞した。

『Logan Lucky(原題)』は8月18日(現地時間)にブリーカー・ストリートとフィンガープリント・リリーシングによって米劇場公開される。トレーラーはこちらから。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy