ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まき火炊きの濃厚鶏スープで作る「とり伊」の親子丼は、一杯で三度うまい!【京都】

f:id:mesitsu_la:20170517110547j:plain

創業から80年以上。受け継がれる唯一無二のレシピ

こんにちは。メシ通レポーターの泡です。

気軽な食事として、昼に夜にと重宝する丼。

数ある丼ものの中でも老若男女を問わずに人気のある一杯といえば、親子丼がまず挙げられるのではないでしょうか。

とろ~り半熟の卵の中に見え隠れする鶏肉やネギ。卵と混ざり合った甘辛い出汁がじゅわりと染みたご飯。想像するだけでたまりませんな……。

きっと誰もが一度は口にしたことがあるはずの親子丼。

でも、京都は四条大宮にある「とり伊」の親子丼は未知なる味を秘めた特別な親子丼なのです。どんなんかって? まぁ、焦らずお読みくださいましよ。

f:id:mesitsu_la:20170517110711j:plain

お店があるのは、阪急電車で始発駅の河原町から2駅目の「大宮駅」の近く。

以前にご紹介した人情ベーカリーの「まるき製パン所」や南インド料理が泣けるほどうまい「ティラガ」のご近所さんです。

f:id:mesitsu_la:20170517110722j:plain

大宮駅から四条通の南側を東へ。1つめの信号を南へ下がってください(右折)。

f:id:mesitsu_la:20170517110736j:plain

わりとすぐに、右手上空に看板が見えてきます。

f:id:mesitsu_la:20170517110746j:plain

「とり伊」には入り口が2つありますが、親子丼目当ての場合は右側の新しい方へどうぞ。左側は、夜のみ営業で鍋やコース料理を提供している店舗です(こちらもおすすめ!)。

f:id:mesitsu_la:20170517110757j:plain

店内は1人客も落ち着いて過ごせるカウンター席が中心。

f:id:mesitsu_la:20170517110808j:plain

グループや家族連れ向けの小上がり席もあります。

f:id:mesitsu_la:20170517110822j:plain

▲当主は四代目の正木昭七さん

「とり伊」は明治後期に鶏肉店として創業。往時から親子丼も提供していたといいます。

途中、20年ほど休止していた時代もあったそうですが、古くからのお客さんに話を聞いたりして昔の味を再現し、現在は鶏料理専門店を中心に営業。

こちらの親子丼の何が珍しいかといいますと、カツオや昆布のいわゆる和出汁を一切用いず、鶏スープのみを使うということ。

しかも、このスープは昔ながらのおくどさん(かまど)でまきを燃やしながら炊き上げたものというから驚くではありませんか!

利便性に満ちたこの時代に、わざわざこれほどの手間をかけているというだけで味わいが増すような気がしますよね。

──でも、なぜおくどさんじゃないとダメなんですか?

「昔はおくどさんで料理をするのが当たり前やったから、(先代たちが)ずっとしてきたことを守っているだけなんやけどね。でも、まきで炊く意味はちゃんとあるんですよ

「まき火は一定の火力を保つガス火とちごて、まきの形や燃えるタイミングによって勝手に火が動くでしょう。そうすると、沸き立っている鍋の中で対流が起こって鶏の骨同士がぶつかって砕けたところからエキスが出るんですわ。これが濃厚なスープの秘訣(ひけつ)やね」

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy