ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Alex Kipman氏も注目した日本のHoloLens盛況――日本上陸3か月記念「HoloLens大感謝祭」で語られたこと

HoloLens販売国の中で突出した盛り上がりを見せる日本

日本マイクロソフトの製品担当メンバーが企画した、日本上陸3か月記念「HoloLens大感謝祭」。3月に開催したCodeIQ感謝祭にブース出展していただいたことを縁に、リクルートキャリアを会場としてイベントが開催された。

さすがは、HoloLens大感謝祭!参加者のほとんどは、HoloLens着用で着席している。

司会進行を務めたのは、日本マイクロソフト デベロッパーマーケティング担当の金尾卓文氏。イベント冒頭、参加者に感謝の意を表して挨拶を行った。

最初に壇上に上がったのは、Microsoft HoloLensの製品担当者である日本マイクロソフト上田欣典氏。「製品担当から見た日本におけるHoloLens」と題し、マーケティング観点でのHoloLensを語った。

上田氏はHoloLensが1月18日に日本で提供開始されるまでを振り返り、販売開始後はHoloLensコミュニティや医療・教育の場での活用など、日本が突出して盛り上がっていることを紹介し、感謝の気持ちを伝えた。

HoloLensに関するクイズを行い、正解者にHoloLensのTシャツやマグカップなどをプレゼント。

Microsoft HoloLensはHoloLensとMixed Realityマーケットを創出し、デジタルトランスフォーメーションを推進することをゴールとしている。

その達成のために、「世間に認知してもらう」「開発者に使って・創ってもらう」「ビジネスシーンでも使ってもらう」という3つの戦略を掲げている。

現状は開発者と法人にのみ提供して、社会的意義があることを伝えていく段階で、特に「建設業、不動産」「製造業」「医療、ヘルスケア」「文教、研究機関」業界にはマーケット創出を期待しているという。

コンシューマ向けのHoloLensはまだ時期尚早だが、Windows Mixed Realityが搭載された様々なデバイスは、今年度中に販売が開始されていくだろうと語った。

続いて、日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows&デバイス本部本部長の三上智子氏が登壇。Microsoft テクニカルフェローでHoloLensの主任開発者を務めたAlex Kipman(アレックス・キップマン)氏が初来日し、同社の開発者向けイベント「de:code 2017」の基調講演に登壇することを発表した。

Kipman氏は80台のHoloLensで仮想空間を共有したコミュニティのイベントや、HoloLensを使ってMR入学式を行ったN高等学校のこともTwitterなどで知っていたそうで、今回の登壇については真っ先に伝えたかったと語った。

ホロラボCEOの中村薫氏の音頭で乾杯!

続いて、ホロラボCEOの中村薫氏が乾杯の音頭をとり、懇親会が開始された。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。