ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2017全国版】本当は教えたくない!かき氷の名店17選。ひんやり美味しい!

【2017全国版】本当は教えたくない!かき氷の名店17選。ひんやり美味しい! ほうじ茶の金時

この夏もやっぱり食べたいかき氷!

「暑い夏はキーンと冷えたかき氷が食べたい!」という方も多いのではないでしょうか?

淡雪のようなふわふわ食感、ご当地ならではの天然氷やこだわりシロップ、完熟フルーツやトマトのかき氷などなど・・・充実の絶品ラインナップが揃った「【2017全国版】かき氷の名店17選」。

人気店の行列に並ぶのも、また楽しい♪

お気に入りのかき氷目当てにおでかけする価値多いにアリ!ですよ。

※この記事は2017年5月時点での情報です

※状況により、料金やメニュー等が変更となる場合があります

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

【東北/宮城県】かき氷 梵くら

旬の果実をふんだんに。東北のかき氷専門店

生マスクメロンみるく

生マスクメロンみるく 2200円

■ふわふわ度/★★★

■食材/旬果実

■オリジナルシロップ使用

多彩なフルーツを使ったシロップはもちろん、練乳、あんこまですべて手作り。夏の人気はフレッシュメロンを使った感動メニュー。 かき氷 梵くら

TEL/022-346-9027

住所/宮城県仙台市青葉区立町23-14 スクエアビル 3階

営業時間/11時~シロップが無くなり次第、秋冬は12時~18時

定休日/月

アクセス/電車:地下鉄勾当台公園駅より徒歩8分

車:東北道仙台宮城ICより20分

駐車場/なし

「かき氷 梵くら」の詳細はこちら

【関東/東京都】麻布野菜菓子の「ミニトマトのかき氷」

野菜菓子専門店が作るとっておきのかき氷!

ミニトマトのかき氷

ミニトマトのかき氷 950円

■レア度/★★

■食材/ミニトマト

■オリジナルシロップ使用

多彩な野菜菓子を提供する専門店。店頭のみで期間限定のかき氷は、生のミニトマトから作るトマトソースとコンポート、クリームチーズの「ミニトマトのかき氷」の他に「茄子と小豆」、「セロリ」など。 麻布野菜菓子

TEL/03-5439-6499

住所/東京都港区麻布十番3-1-5 ストーク麻布101

営業時間/11時~19時30分(LO19時)

定休日/第2・4火

アクセス/電車:東京メトロ南北線ほか麻布十番駅より徒歩1分

車:首都高都心環状線芝公園出口より5分

駐車場/なし

「麻布野菜菓子」の詳細はこちら

【関東/神奈川県】葉山 日の出園

お茶屋さんのこだわり感じる。湘南の絶品かき氷

場所は海岸線から少し山側に入った、湘南の喧騒とは無縁の住宅地の中。ここ「葉山 日の出園」は、40年ほど前から地元に根差してきたお茶屋さんで、頑固な店主の目利きで選んだ質の良い品ぞろえが自慢だ。

お目当てのかき氷がいただけるのは店舗併設の「茶亭 葉山」。店内は古民家風の落ち着いた内装で、窓の外には涼しげな緑の木立が広がっている。

かき氷のメニューは、おなじみの「宇治金時」のほか「ほうじ茶」「玄米茶」など、さすがはお茶屋さんといったラインナップ。

で、個人的なオススメは…「ほうじ茶金時ミルク」650円

「ほうじ茶金時ミルク」650円

粒あんとともに、ふわふわの氷の中にたっぷりのバニラアイスが隠れているのは嬉しいサプライズ。何より、ほうじ茶の香ばしさが特筆で、甘い練乳がアクセントとなり、ぺろりといただけてしまう。

「宇治金時」600円も、抹茶の味がしっかり濃くて、そのへんの宇治金時とはちょっと違うホンモノ感がたまらない。どちらもお茶屋さんの本気を感じる完成度なのだ。

昔ながらの純氷だから雑味なし

店主の和田政英さんに話を聞いた。

「氷はいわゆる“純氷”と呼ばれる昔ながらの氷を使用しています。48時間以上かけてゆっくり凍らせたもので、不純物がなくて美味しいんですよ」。二代目店主・和田政英さん

二代目店主・和田政英さん。日本茶インストラクターでもある

茶亭でのかき氷はブームに関係なくずっと前からやっているそうで、宇治金時に使用す抹茶シロップは厳選茶葉の無添加、無着色。ほうじ茶シロップに使用するのは店前の機械で自家焙煎した茶葉だという。

売店ではさまざまなお茶が販売されているので、お土産選びも困らない。かき氷は夏季限定だが「なんだかんだで、毎年10月の初旬くらいまでやってます」とのこと。和の風情たっぷりのお茶屋スイーツは、しばしの間でも暑さを忘れさせてくれること間違いなしの逸品だ。

葉山 日の出園 葉山 日の出園

TEL/046-875-5134

住所/神奈川県三浦郡葉山町長柄1413-212

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy