体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白麺士とはナニモノなのか?【UDON is Rock】

白麺士とはナニモノなのか?【UDON is Rock】 f:id:Meshi2_IB:20170525090546j:plain

うどんと言えば、関西風ダシ派。メシ通編集部のYです!

さて、突如きら星のごとく現れたうどん界の超新生、

うどんアーティスト白麺士こと

小野ウどん氏をご存じでしょうか!?

ウワサでは、手打ちうどんを刻むリズムと、

ロックミュージックを融合させたパフォーマンスを

行なううどん打ち師なのだとか。

彼はいったい、なぜそんなことを始めたのだろう……。

彼はいったい、どこへ向かっているのだろう……。

某高級マンションの貸しスペースで、限定イベントが行われるというので、

さっそく突撃してみました!

会場はセレブが住むタワマン

4月の週末、午後6時半。都内某マンション前。

待ち合わせ場所に現れた、白麺士こと小野ウどん氏は「きっと尖った奴に違いない」と、内心ビビっていたんですが、会ってみると気のいい普通のあんちゃんでした。

「どうも、小野ウどんです」と挨拶もそぞろに、重そうなうどん打ち台などの機材を運びつつ、マンションのエントランス内へ。

毎回いろんな場所で活動しているそうなのですが、本日の会場は某高級タワーマンション内住人限定キッチンスペースお台場や東京タワーの見える、セレブなロケーションです。

しかしどうして彼は、このパフォーマンスを始めたのか……?

いろいろと聞いてみたいことは山ほどあるのですが、そのインタビューはのちほど。

百聞は一見にしかず、うどんとロックの融合までを、まずはご覧ください。

強いコシを生み出す足踏み

さて、この方が白麺士こと「小野ウどん」氏です。

f:id:Meshi2_IB:20170525090627j:plain

きっちり染まった金髪に、白いフレームのメガネをしていて、キャラ作りはバッチリのようです。

会場のキッチンスペースへは、1人2人と徐々にお客さんが入ってきます。本日は総勢20名の前でのパフォーマンスの予定だとか。

早速、小野ウどん氏は準備に取り掛かり始めました。

と言っても、まずは「足踏み」の作業から。

f:id:Meshi2_IB:20170525090703j:plain

これはうどん玉。大きさは、ガチョウの卵くらい(?)。ひと玉約10人前です。

この玉は、事前に何度も何度もこねて、下準備をしてきているそうです。

これを、

f:id:Meshi2_IB:20170525090742j:plain

足踏み!

踏み踏みして、うどん玉を、平らにしていきます。

※画像は当然、小野ウどん氏の足。

f:id:Meshi2_IB:20170525090818j:plain

かなりのパワーがいるようです。全体重をうどん玉に乗せています。

この作業のあるなしで、うどんのコシや弾力が、全く変わってくるのだとか。

これでうどん玉の準備は完了です。

リズムに乗って打つ! 打つ!

さあいよいよ、ロックと融合されたうどん打ちのパフォーマンスが始まります。

f:id:Meshi2_IB:20170525090851j:plain

東京の夜景のバックがきれいです。

写真ではわかりませんが、彼の周りを20人ほどの観客が囲んで、ヒューヒューと盛り上がっています。

小野ウどん氏の前口上が始まりました。

「曲の途中『うどん is ロック!』のところで一緒にシャウトしてください!」

彼がそう叫ぶやいなや、ポータブルステレオからロックがかかりました。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。