体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣

高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣 フロムエーしよ!! 高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣 フロムエーしよ!! 高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣

内海瀬戸(うつみ・せと)さんは、漫画を使った自己推薦で明治大学へ入学し、在学当時より『君に贈るロードショー』を月刊誌のミラクルジャンプへ連載していました。

2017年の春に明治大学を卒業。『君に贈るロードショー』の連載は卒業後も続け、連載終了後の4月19日に一冊の単行本へまとめられました。

フロムエーしよ!! 高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣今回は、プロの漫画家として歩むことを決めた内海さんに、好きなことで進路を切り開く方法や、学校との両立で苦労した話などをお聞きしました。

 

まっすぐには答えられなかった幼なじみからの問い「瀬戸くんは描かないの?」

フロムエーしよ!! 高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣

Q:まずは、大学卒業後の進路として選んだ、漫画家としての現状を教えてもらえますか?

大学4年生のころから始めた月刊誌での連載が終わり、4月19日に、その連載をまとめた単行本が発売されたところです。

僕の名刺代わり、じゃないですけど、一冊の単行本として自分の作品がまとめられ、「これから、漫画家として食べていけるよう頑張るぞ」という気持ちで、モチベーションを高めています。

フロムエーしよ!! 高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣

Q:そもそも、内海さんが漫画を描くようになったのは、いつからですか?

高校生からです。

もっとも影響されたのは、中学生のころに読んだ『バクマン。』です。この作品のおかげで自分の趣味だった絵を描くことが仕事にできることを知りました。

まず、漫画を描く道具をそろえました。でも道具をそろえて満足しちゃったのか、当時はほとんど使ってなくて(笑)。そんな僕が変わったのは幼なじみがきっかけでした。

僕が高校生になったときに、幼なじみが、自分で描いた漫画をある少年誌の新人賞へ投稿して、賞をとりました。受賞作は手直しをして少年誌へ掲載されることになり、僕は幼なじみに声をかけられて、作品の手直しを手伝ったんです。

フロムエーしよ!! 高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣

Q:当時はどんな気持ちでしたか?

「自分が部活したり友達と遊んだりして、漫画を描いてないときに、幼なじみは、自分で一本の作品をちゃんと完成させ、デビューにこぎつけたのがスゴイなあ」

そう思ったことをよく覚えてます。そして、「自分は何をやってるんだ」という歯がゆい気持ちでした。作業を手伝っているうちに、幼なじみに聞かれるんですよ。

「瀬戸くんは、漫画描かないの?」

その質問に、まっすぐには答えられない自分がいるんですよね。高校1年生でデビューすることになった幼なじみの活躍には、すごく刺激を受けました。

フロムエーしよ!! 高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣

「自分は何かできるんじゃないか」そういう自分への期待は、なんとなくずっとあったんですが、「漫画家として僕が食べていくのはムリだろう」と、僕は挑戦する前から、“漫画家は遠い存在”と決めつけていたのかもしれません。

そこへ、身近な存在である幼なじみが漫画家としてデビューし、「憧れの存在だった漫画家が近くに降りて来た」そんな風に感じました。

「もしかしたら、自分にもできるんじゃないか」

僕のやる気に火がつきました。高校1年生の冬のことです。

 

“漫画家・内海瀬戸”誕生へ

フロムエーしよ!! 高校2年生で新人賞を受賞! 22歳の漫画家に聞く、好きなことで進路を切り開くための秘訣

Q:やる気に火のついた瀬戸さんは、高校2年生になって、どんなことを始めたのですか?

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。