ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

汁無し台湾ラーメン「皿台湾」こそ男の中の男メシだ! 名古屋「人生餃子」

f:id:Meshi2_IB:20170315152657j:plain

パンケーキやローストビーフ丼などのブームはInstagramやTwitter、FacebookなどSNSでの拡散がその一翼を担ったと言っても過言ではない。

今や飲食店は女性がスマホで写真を撮りたくなる、フォトジェニックなメニューが求められているのだ。

名古屋で生まれて全国に広がった「台湾まぜそば」もその一つだろう。真ん中に卵の黄身が鎮座し、ネギやニラ、のりなどが美しく盛り付けられた様はたしかに絵になる。

f:id:Meshi2_IB:20170315152146j:plain

※ 写真はあくまでイメージです

私も食べに行ったときに写真をFacebookにアップすると、ものすごい勢いで「いいね!」が付くもんな。「台湾まぜそば」を出すお店に女性客が多いのはSNSの影響もあると思う。

批判を恐れずに言わせてもらうが、人は、とくに男性の場合は食欲へダイレクトに訴えかけるものを目の当たりにしたとき、スマホを向けるよりも先に箸を動かしてしまうのではないだろうか。

それゆえに一部マニアには絶大に支持されてはいるものの、未だ全国区になっていない隠れた名古屋めしがある。しかも、それは「台湾まぜそば」と同じく、汁無しの台湾ラーメンで、その名も「皿台湾」

この「皿台湾」こそ、名古屋めしの秘密兵器といってもいいかもしれない。

5分足らずで一丁上がり

f:id:Meshi2_IB:20170315152214j:plain

「皿台湾」を出しているのは、中川区八剱町にある中華料理店「人生餃子」

お店の周辺には多くの工場が建ち並ぶ準工業地域だ。

f:id:Meshi2_IB:20170315152229j:plain

店内はいかにも町の中華料理店という庶民的な雰囲気。

とりあえず、「皿台湾」(650円)を作っていただくことに。

f:id:Meshi2_IB:20170315152243j:plain

油通ししたモヤシにニラとミンチと合わせて強火で炒める。これに、ニンニクや鷹の爪をくわえてピリ辛でパンチのある味わいに。

ちなみにモヤシは1人前当たり、ちまたのスーパーで売られている一袋分よりも多い約280グラムも使用しているとか。

f:id:Meshi2_IB:20170315152306j:plain

同時進行でゆでていた麺の上に具材をのせたら出来上がり。調理時間は5分足らず。お昼時や週末ともなると、ほとんどのお客さんが注文するためフライパンを振りっぱなしになるという。

f:id:Meshi2_IB:20170315152322j:plain

これが「皿台湾」。盛り付けは無骨そのもの。

だが、見るからにうまそうなこのビジュアルでヤラレてしまう。

f:id:Meshi2_IB:20170315152640j:plain

写真を撮るよりも一刻も早く胃袋に沈めたい……。

そんな衝動に駆られたものの、何とか堪えた。そして、実食。ニンニクと唐辛子がガツンときいていて、味は台湾ラーメンそのものだ。モヤシのシャキシャキ感とやや固めにゆで上げた麺の食感が面白い。

白メシの上にのせてかっ食らいたい!

いや、キンキンに冷えたビールもテッパンの組み合わせだ。

スープ売切れが生んだ一品

f:id:Meshi2_IB:20170315152445j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。