ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とんでもなく激辛ディープなカレーワールドが下北沢にある。その名はマジックスパイス

f:id:Meshi2_IB:20170509105221j:plain

カレーが好きです。

自分でもスパイスから作るし、いろんなカレーを食べて生きてきました。

そのなかでも、初めて食べたときに一番衝撃を受けたカレーといえばマジックスパイスかもしれない。

もともとは札幌に本店があり、全国にスープカレーを広めたとして有名なお店です。他のスープカレー屋さんとは一線を画するその個性的すぎる佇まい、覚醒〜虚空まで選べる辛さ、不思議な名前だらけのトッピング、食べ終わったあとに本当にちょっといっちゃってる感覚になる飛び具合など、とにかくすべてが他のカレー屋さんとは違いました。衝撃でした。開店から14年を経てもいまだ衰えないその味と魅力について、今回はレポートします!

異空間へ

東京、下北沢のスズナリという劇場の脇を上がっていくと、住宅街の中に突如、怪しいオーラを放つ赤い建物が現れます。見つけられなかったらどうしようなんて心配はいりません。それはもう、絶対見落としたりしない存在感です。

f:id:uralatokyo:20170422151132j:plain

この日は閉店1時間前の22時に訪問したためすんなり入れたのですが、行列ができていることもしばしば。

中に入ってみると……、

f:id:uralatokyo:20170509170303j:plain f:id:uralatokyo:20170509170312j:plain

かなり 異 空 間 ですが、不思議と落ち着くんです。なぜだろう。店員さんがみなさんとてもフレンドリーで優しいからかな。

でも、そうはいってもみなさん個性的だし、たまに店員さんどうしで「◎×★〜 △△!!〜」と明らかに日本語ではないナゾの言葉で会話をしておられる。ちなみにナゾの言葉はマジスパ語なのだそうです。

どのぐらい飛ぶ覚悟があるのか、ということ

f:id:uralatokyo:20170422153449j:plain

さて、席に案内されたら、まずはメニューを見て

チキン(1,000円)、ビーフ(1,160円)、ベジビーン(1,030円)、キーマビーン(1,140円)、モモ(1,050円)、ポーク角煮(1,080円)、ハンバーグ(1,160円)、シーフード(1,210円)、ベジマッシュ(1,100円)の9種類の中からベースとなるカレーを選びます。

そして、次に辛さを決めます。

ハイ、ココ、一番重要ポイントです!

f:id:uralatokyo:20170422153742j:plain

▲一番辛い「虚空」は、「最強辛宇宙超感覚覚醒」との説明が!

辛さは覚醒から虚空まで7段階あり、辛さによって値段も変わってきます。

あまり辛いのが得意ではない、という方は一番マイルドな「覚醒」から始めてみるのがよいと思いますが、普通に辛いのも食べれるという方は真ん中の「涅槃」あたりがオススメ。「涅槃」以上は食べたあとの「……なんだこりゃ」感がかなりすごいので。

この辛さはどのぐらい「飛ぶ」覚悟があるのか、ということを問われているわけですね。体調や気分とも相談しながら真剣に検討しましょう。

私はこの日、一番辛い「虚空」のベジビーン(野菜と豆のカレー)。

友人は「涅槃」のチキン。

f:id:Meshi2_IB:20170508152244j:plain

トッピングもいろいろありますので、お好みで!

食べているときは自分の世界

カレーが運ばれてきました。

まず、チキンの涅槃。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy