体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

過去160年間の情報技術の歴史から見る!インターネットの変遷とは

本稿は、FreeCodeCampのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、プログラミングの指導をしているQuincy Larson氏によって投稿されました。

 

歴史は繰り返している

今日までインターネットは、過去160年間に他の情報技術に起こったものと同様の悲劇をたどってきています。
電報
電話
映画
ラジオ
テレビ

これらはそれぞれ、おおよそ同じ物語を持っています。
発明者が技術を発見する。
愛好家がその技術の使用方法を開拓し、一般の人に広く行き渡るようになる。
企業が目をつける。技術を商業化し、洗練し、規模を大きくする。
企業が充分に力を持つようになると、技術を守るため政府を騙し支援させる。自分達を「自然独占企業」として位置づける。
長い停滞のあと、その古い技術を崩壊させる新しい技術が登場する。古い独占を除去するときもあるが、独占をますます強固にするだけの場合もある。

このループは何度も繰り返されてきました。「ネットワーク中立性」という言葉を作ったハーバード大学法学部教授のティム・ウーは、これを「サイクル」と名付けました。

「歴史は、情報技術の発展の特徴を示しています。誰かの趣味から、誰かの産業へ。自由にアクセスできるチャンネルから、企業・政治集団によって厳密に制御されたものへ。オープンなシステムからクローズドなシステムへ。」――ティム・ウー

我々は今、ステップ4の部分にいます。そしてステップ5が見えてきません。

1900年代の始めに経済学者のヨーゼフ・シュンペーターが述べた創造的破壊は実現していません。

インターネットは特別なように見えます。電報・電話・ラジオ・映画・テレビに取って代わる究極の情報技術であり、それを破壊する明確な方法がありません。

しかしインターネットの最高の地位をめぐる争いは終わりません。このグローバルチェス盤にはたくさんのプレイヤーがいます。政府、テレコムの独占、GoogleやFacebookのような大手インターネット会社、NGO、スタートアップ企業、ハッカー。

 

パート1では、オープンインターネットが何であるかを探ります。そしてそれまでの情報技術の歴史を掘り下げましょう。

パート2では、原子について説明します。インターネットの物理的なインフラ。インターネットのバックボーン。通信衛星。広帯域インターネットをもたらす銅線および光ファイバーケーブルの「ラストマイル」。

パート3では、ビットについて説明します。インターネットのオープンで分散した性質と、それがどのように多国籍企業によって壁に囲まれた庭に封鎖されるか。

 

パート1:オープンインターネットとは何か

オープンインターネットを表す言葉はひとつだけです:カオス

オープンインターネットは、お互いに叫び合う30億の声の不協和音です。埃だらけの広大な市場であり乱雑です。しかしそれによって我々の時代における偉大な芸術や産業をいくつか作り出しました。

オープンインターネットは誰でもコンテンツを公開できるツールであり、誰でもそれを利用することができます。

 

私たちはみんな「サイクル」に閉じ込められている

ここではインターネットより前の情報技術についての簡単な歴史と、企業と政府がどのようにして地位を固めたかについて説明します。

最初はある人がケーブルを繋ぎ、モールスコードのメッセージを友達に伝え始めました。電報は実用的なアプリケーションを備えた楽しいツールでした。地元の企業がその周りに現れました。

1851年、ウェスタン・ユニオンが大陸横断線を張り、それらの間に中継ぎ局を建設したときに変化が起きます。

小さな電信会社が競争に参加したい場合はウェスタン・ユニオンのネットワークにアクセスする必要がありました。間もなく彼らは完全に搾り取られてしまいました。

ウェスタン・ユニオンは非常に強力で、アメリカの大統領を単独で任命することすらできました。アメリカで育った人はこの大統領の名前を子どものときに記憶したかもしれません。

ウェスタン・ユニオンはヘイズの選挙活動を財政的に支援しただけでなく、諜報活動の情報のバックボーンとして独自の地位を利用しました。

ウェスタン・ユニオンの支配権と独占価格は、アレクサンダー・グラハム・ベルが電話を発明し電報の事業を崩壊させるまで続きます。

 

電話がどのように「サイクル」の犠牲になったか

JPモルガンの支援を受けた電話会社AT&Tは、アメリカ全土に長距離電話網を構築しました。

地元の電話会社の顧客が他の都市の人に電話する場合、AT&Tに支払いをする必要がありました。

アメリカの電話システムを完全にコントロールすることが、面倒で無駄な資本主義を避ける最善の方法だとテオドール・ベイルは考えました。ベイルは自分のやり方が消費者のためであると主張しました。公平を期すためだと。少なくとも短絡的にはそうでした。

ベイルはAT&Tの独占的利益を利用して、地方の電話回線の開設を助成しました。こうしてアメリカ全体がひとつの標準化されたシステムの下で統一することができました。

 

しかし慈悲深い独占企業の問題は、その者たちが永遠には生きていないということです。いつかは第二世代のCEOに取って代わられる。その人物は前任者のような理想に欠けている場合が多く、そこには資本家の特権しかありません。利益を上げ、配当金をまき散らし、四半期ごとの業績見通しをたたき出す。つまり顧客からより多くのお金を得るということです。

AT&Tは競合他社を圧倒しました。その独占が明らかになり、アメリカ政府はそれを規制する措置を取りました。しかしAT&Tは規制当局よりもはるかに機敏であり、国の後押しする「自然独占」となる機会に飛びつきました。

1 2 3 4次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。