ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これからのノンスタイル

これからのノンスタイル

お笑いのコンビの関係性って不思議なものだなと思うんですよ。本人たちには変わっているという意識がなくても、世間の見方はどんどん変わっていったりしますからね。オードリーがテレビに出始めた頃は、キャラの強い春日さんばかりが目立っていて、地味でおとなしい雰囲気の若林さんは「じゃないほう芸人」扱いされていました。でも、今となっては、若林さんの個性も評価されていて、MCをやるようになったりしていますよね。

 

アンジャッシュだったら、グルメ関連のことで渡部さんが注目されていた時期があって、その後で児嶋さんが「児嶋だよ!」のフレーズでガンガン出てくるようになって、その後には渡部さんがMCの仕事をさらに増やしていって、佐々木希さんとの結婚までたどり着いている。まあコンビごとにいろいろなパターンがあるわけです。

 

そういう意味では、最近のノンスタイルのお二人の動きには注目しています。井上さんが当て逃げ事故を起こして謹慎して以来、石田さんがそのことを生き生きとネタにしてしゃべっているのが目につくんですよね。それが個人的には面白いなあと思っています。

 

もともと、石田さんは井上さんのことが生理的に苦手だというようなことを公言しているし、井上さんのナルシストっぽい言動をイジり倒すようなネタも多いんですよね。ただ、事件以降、石田さんの井上さんに対する舌鋒が鋭さを増していて、真に迫っている感じがする。今までは見た目が派手だけど威力はそれほどでもない「エンタメとしてのパンチ」を打っていたのに対して、今では腰が入って体重の乗った「本気のパンチ」を打っている感じがするんですよね。そして、そこに今までになかった面白さがかもし出されているなあと思うわけです。

 

これまでは、石田さんが井上さんの言動にどんなに激しくツッコミをいれても、それが半分シャレとして受け取られているようなところがあったんですが、これからはそれがある程度は本気だったんだと認識してもらえるので、言葉の重みが変わってくるんですよね。

 

従来のノンスタイルでは、どちらかというと井上さんの方が目立っていて、石田さんはそのフォロー役に徹しているような印象が強かったと思うんですが、その関係性も変わってきた感じがするんですよね。むしろ、石田さんが生き生きと井上さんをイジれるようになったことで、2人が対等な関係になって、漫才としてはこれからより面白くなる可能性もあるんじゃないかな、という気がしています。実際の2人の関係性がネタの中に反映されるというところに、漫才という芸の醍醐味があるなあ、と改めて思いました。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。