ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコラス・エドワーズ、初のアコースティックライブでJ-POPカバーを熱唱

ニコラス・エドワーズが全国6か所で行なったキャリア初のアコースティックライブツアー『ALIVE Sessions: Acoustic Tour Spring 29』の東京公演が、5月10日に表参道GROUNDにて開催された。
5月10日@表参道GROUND (okmusic UP's)
本公演は、当初予定されていた全8回の公演がほぼソールドアウトしたために決定した追加公演だったが、この日も立ち見席は身動きが取れないほどの観客が詰めかけた。

「ALIVE Sessions: Acoustic Tour Spring 29」は、ニコラスが「自分の曲はもちろん、洋楽や僕の大好きなJ-POPを歌える機会がもっとあったらいいなと思って企画した」というライブ。最大の特徴は「セトリもトークもノープランで、皆さんと相談しながら決める」という点。

ニコラスと米田直之(P)、YUTAKA(Gt)の元には20曲以上に及ぶ選曲リストが用意されており、その中からニックがその場の雰囲気に合ったナンバーを告げ、時には、リストを知らない観客にナンバーを選ばせて歌うというスタイルをとっている。

ピンクのレザージャケットにTシャツにデニムというラフな格好で登場したニコラスは、アップテンポのオリジナル曲「Mercy」でライブをスタート。いきなりクラップが巻き起こる中、「皆さんが作ってくれた追加公演のために特別な曲を用意してもいいんじゃないかと」と語り、2曲目でリストにはなかった「飾りじゃないのよ涙は」(中森明菜)を披露。カラオケに行くと必ず歌う曲とのことで、ひざまづきながら熱唱するなど、切実な歌声を響かせ、「歌謡曲黄金時代の素晴らしい曲」と語った「危険なふたり」(沢田研二)や自身が『のどじまんTHEワールド!』で歌って優勝した思い出のナンバー「メロディー」(玉置浩二)などのJ-POPに加え、アリアナ・グランデのヒット曲「Be Alright」を甘美なファルセットでカバーし、ヴォーカリストとしての声質の多彩さ、技術の高さを存分に味わわせてくれた。

オリジナル曲もアコースティックライブならではのアレンジが施されており、「モナリザ」は、これまでの公演ではスイングジャズになっていたが、この日は特別にバンジョーでの演奏となり、哀愁たっぷりのカントリーソングに様変わり。また、ピアノとギターというシンプルな楽器編成になったことにより、その楽曲が本来持っているメロディラインの素晴らしさに再確認させられることも多かった。ニックがステージを降りて、フロアを歩きながら歌った「夢を力に」や「DR1VE」などでシンガロングが起きたのは、どの曲も弾き語りで歌っても成立するメロディを持っているという証でもあるだろう。

母との思い出や弟と喧嘩したエピソードなど、プライベートな質問にも真摯に答えた質問コーナーを挟み、最後はマイクを外したシャウトも飛び出したスローナンバー「Moonlight Carnival」で締めくくられた。

アンコールでは「赤い糸のように僕と皆さんを繋げてくれる曲です」と語り、7年前、19歳の時にレコーディングしたデビュー曲「My First Love Song」と最新アルバム『GO EAST』『GO WEST』の収録曲で、<キミが望むなら/逢いにゆくよ/ボクの名前を呼んで>というフレーズに、観客が<ニック!>と応える「W/W/W」を観客全員で大合唱。最後に、ニコラスは、「アコースティックツアーをやってみて、自分の中で伝えたい思いと、みんなと築き上げていきたい未来が、自分の心の中により強く刻まれた気がしているので、これからもどんどんアコースティックツアーもやっていきたいと思います」と新たな意気込みを語るとともに、「また会いましょう!」と再会の約束をし、ステージを降りた。

なお、本ツアーは、5月13日(土)に横浜・O-SITEで2部公演を持ってファイナルを迎える。また、5月20日(土)に千葉県いすみ市で行なわれる映画『JAPAN LOVE』の舞台挨拶に登壇し、翌日には同市で開催される「サマータウンフェスタ2017」に出演予定。6月25日(日)にはサマーコンサートの開催を予定している。その他、詳しい情報は「ニコラス・エドワーズ ポニーキャニオンオフィシャルサイト」まで。

『ALIVE Sessions: Acoustic Tour Spring 29』ファイナル公演
5月13日(土) 横浜O-SITE

(1)開場14:00 開演14:30

(2)開場18:00 開演18:30 

※2回公演 全席SOLD OUT

【イベント出演・ライブ情報】
■映画「JAPAN LOVE」チャリティー上映会&舞台挨拶 with ニコラス・エドワーズ 

5月20日(土) 千葉県いすみ市岬ふれあい会館

■MOTION 2017 Summer Concert

6月25日(日) かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

■Nicholas Edwards Birthday Fan Meeting 25th

8月06日(日) 原宿クエストホール

5月10日@表参道GROUND (okmusic UP's)
5月10日@表参道GROUND (okmusic UP's)
5月10日@表参道GROUND (okmusic UP's)
ニコラス・エドワーズ (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。