ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

アメリカ版こじらせ女子? シャーリーズ・セロン主演『ヤング≒アダルト』がイタい!

自称作家、実はゴーストライターのメイビスは37歳。二日酔いの朝、彼女をムカつかせたのは、ハイスクール時代に付き合っていたバティから赤ん坊の画像とともに送られてきた誕生パーティへの案内のメールだった。
ここ数年、恋人はいないが、デートの相手に困ったことはない。気合を入れて着飾れば、それなりの男を簡単に落とせる…。
だが、メイビスは突然荷物をまとめ、愛犬とともにミニ・クーパーで故郷へと出発する。目的は、バディと再び恋に落ちて、輝かしい青春時代を取り戻すこと!

いつまでも10代の気分が抜けずに周囲を巻き込んで大騒動を起こすメイビスをシャーリーズ・セロンが演じた『ヤング≒アダルト』。美貌は衰えていないし才能もあるにもかかわらず、大人の女の良識とあきらめに欠けているというイタいメイビス役をコミカルに演じた彼女は、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされました。

それにしても、どうしてメイビスは大人になれず、いつまでも10代の頃の夢を追い続けてしまっているのでしょうか?
ここで思い出されるのが、”こじらせ女子”。AVライターの雨宮まみさんがエッセイ『女子をこじらせて』(ポット出版)で赤裸々に綴った姿とメイビスには、重なる部分があるのでは?
「メイビスのこじらせ度は10点中8から9点ですね。他人事とは思えません」
試写会の後のトークショーでそう述べた雨宮さん。
「おしゃれだけど、恋愛では幸せになれないし、ゴーストライターだという屈折がありますよね。でも、世間から見ると仕事が不安定で負け組かもしれないけれど、彼女自身はそう思ってないですよね」
そのようにメイビスのことを鋭く分析した上で、「共感していたらダメですよね」と自虐的に話しつつ、次のような感想を述べました。
「彼女のことを反面教師にしないと。過去の栄光にすがるのはよくないし、元カレのことを本当に好きなようには思えない。自分のプライドばかり大切にするんじゃなく、もっと人としての思いやりとか、基本的なことを大切にしないといけないですよね」

映画の公式サイトでは、「あなたの”ヤング≒アダルト”度をチェック!」という診断が出来ます。
“いまだにキャラクターグッズを愛用している””まだまだ自分は枯れていないと信じている””『10代のモテキ』を信じ、昔の輝きを忘れられない”…etc
10項目のうち、もし7個以上だったなら…。映画館で『ヤング≒アダルト』を観て、我が身を顧みるのもいいかもしれません。

映画『ヤング≒アダルト』公式サイト

http://www.young-adult.jp/

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき