ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Siriとの覇権争いに!? Amazonの音声アシスタント「Alexa」とは?

謎の黒い円筒形のデバイス

2016年10月に公開された、北米を中心に大人気のシンガー、マイケル・ブーブレの『ノーバディ・バット・ミー』という曲がある。このミュージックビデオのなかで、美女がワイングラス片手にソファに腰を下ろし、誰かに向かってこう言うのだ。「Alexa(アレクサ)。マイケル・ブーブレのノーバディ・バット・ミーを聴かせて」。すると、黒い円筒形のデバイスが光り、こう答える。「マイケル・ブーブレのノーバディ・バット・ミーですね」。

そうして、この黒の円筒から曲が流れ始める。この謎の黒い円筒はAmazon Echo(アマゾン・エコー)という”人工知能スピーカー”であり、美女に「Alexa」と呼ばれた誰かさんこそ、このデバイスの中でせっせと働いている音声アシスタントなのだ。

こんなふうに人気シンガーのビデオに登場するのも、Amazon Echoが北米で今や最先端のオシャレ・アイテムであり、Alexaが日常生活に入り込んでいるという一例である。

クローズドなSiri、オープンなAlexa

音声アシスタントといえば、AppleのSiriを思い浮かべた人も多いのではないだろうか。Alexaとは、Siriに似たAmazonが開発したクラウドベースの音声認識サービスだ。クラウドベースというのは、音声がデータとしてクラウドに送られ、そこで人工知能が音声を解読、テキストに変換してまたスマホなどのデバイス(この場合はAmazon Echo)に送り返す仕組みのこと。これはSiriも同じだ。

では、SiriとAlexaの違いとはなんなのだろうか。いちばんは、SiriがAppleだけがコントロールできるクローズドなシステムであるのに対して、Alexaはサードパーティなどの開発者も利用できるオープンなシステムになっていることだ。

Alexaにどんなふうに語りかけたら、どんなふうにデバイスを反応させるかプログラミングしたものを「Skill(スキル)」と呼ぶ。たとえば冒頭のマイケル・ブーブレのビデオでいえば、「聴かせて(Play)」という言葉を認識したら、その前後の言葉が曲名とアーティスト名だと判断して、その曲を再生する。こういった手順がスキルだ。

Alexaはこのスキルを独自に開発し、自社のデバイスに組み込むことができる。実際、アメリカのラスベガスで開催されたCES 2017では、およそ700社がAlexa搭載製品を発表した。こういったことはSiriでは不可能だ。

AmazonからSiriへの挑戦状

1万近くあるといわれているこの「Skill」によって、Amazon Echoは人々の日常生活をさまざまなかたちでアシストしてくれるようになる。たとえば、Alexaに話しかけることで、天気予報を教えてくれたり、新聞の見出しを読んでくれたり、株価を教えてくれたり、Kindle本を朗読してくれたりといったことから、室内の明かりをつけたりというスマートホームとの連動やピザの注文まで、さまざまなことが可能だ。もはや”人工知能スピーカー”というより、「電脳執事」と呼びたくなる。Amazonが制作した下のビデオを見ると、Amazon Echoの活躍ぶりがよくわかる。

現在、Alexaが利用できるのはAmazon Echoのほかに、Amazon Tap、Echo Dot、Amazon Fire TVなどだ。日本への上陸は現時点では未定だが、近い将来には日本でも使えるようになるだろう。

また、2017年3月、AmazonはiPhoneのiOSアプリ「Amazon」にもAlexaを搭載することを発表した。リリースがいつかは不明だが、Siriに真っ向から勝負を挑んだかっこうだ。Siri vs Alexa。お互いに切磋琢磨して、どんどん進化してくれるなら、ユーザーとしては大歓迎だ。
こちらの記事もあわせてどうぞ
スマホの次はドローン。スマートドローンプラットフォーム構想とは

関連リンク

Amazon Echo
Michael Bublé – Nobody But Me [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

関連記事リンク(外部サイト)

電池1個で1年以上通信できるIoT通信技術、「LPWA」とは?
Android Experiments展で「今すぐ欲しい!」と思った アイテム2点!
指先に乗る世界最小のコンピュータが登場! 世界はどう変わる?

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy