ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【地産地消を食べ歩く】糸島の名品「つまんでご卵」とり天で作る絶品天とじ親子丼【福岡・糸島】

f:id:mesitsu_lb:20170410123602j:plain

「地産地消を食べ歩くシリーズ」スタート!

福岡はメシがうまい!」

いろんな人にこう言われます。テレビや雑誌でも福岡グルメ特集がたびたび企画され、多くの有名人がプライベートで福岡に来てはそのうまさを絶賛しています。

では、なぜうまいのか?

……う~ん。

なんでだろう?

知り合いの飲食店の人に聞いても「何でうまいって言われるっちゃろか? わからん。うちらこれが当たり前やけんね」とのこと。照れ隠しでもあるのでしょうが、県外からのお客さんでにぎわう繁盛店ですらこう言います。

ただし、どのお店もこだわっているのが「地元の素材を使う」ということ。特に福岡市はお隣に食材の宝庫である糸島市を抱えているため、安く新鮮な食材をふんだんに使用することが可能です。

うん、きっとおいしさの鍵は素材にあるのだ!

地元の食材を使いその近隣で提供する、いわゆる「地産地消」がおいしさの秘訣なのだ!

ということで、地元食材にこだわったメニューを提供するお店にスポットを当てた企画「地産地消を食べ歩く」シリーズ(不定期連載)。

第1回はまさに食材の宝庫、糸島市からお届けします。

糸島半島のほぼ中心部にある「田園茶屋 いとわ」

今回お邪魔したのは、糸島市の北部にある糸島半島のほぼ中心部、志摩吉田エリアにある「田園茶屋 いとわ」です。

▲糸島半島のほぼ中心部にお店があります

公共交通機関もあるにはあるのですが、最寄駅からのバスの本数も少なく、車を使って行った方が便利です。お店から10分程度で糸島サンセットロードに出られるため、天候条件が良ければこんな夕日も見ることができますよ!

f:id:mesitsu_lb:20170410123735j:plain

▲糸島サンセットロードから撮影した夕日です

f:id:mesitsu_lb:20170410123808j:plain

▲お店は緑色ののれんが目印。広々とした駐車場も完備されています

店内は白を基調とした清潔感のあるインテリアが印象的。ソファ席や座敷席もあるので、少人数でも団体でもリラックスして食事を楽しめそうです。

f:id:mesitsu_lb:20170410124223j:plain f:id:mesitsu_lb:20170410124247j:plain f:id:mesitsu_lb:20170410124304j:plain

また、メニューの品数も豊富。定食から焼きカレー、スイーツまでバラエティに富んでいます。

f:id:mesitsu_lb:20170410124329j:plain f:id:mesitsu_lb:20170410124350j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。