体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

17歳で大学へ飛び入学した現役千葉大生に聞く 「しゃべらないロボットが僕に教えてくれたこと」

17歳で大学へ飛び入学した現役千葉大生に聞く 「しゃべらないロボットが僕に教えてくれたこと」 アイキャッチ_千葉大学飛び入学生梶原さんインタビュー 千葉大学飛び入学生梶原さんインタビュー_01

2016年、春。梶原勇希さんは、当時17歳だった高校二年生の終わりに、千葉大学の飛び入学制度を利用して、千葉大学へ進学しました。

梶原さんは、中学時代よりロボットの競技大会であるWROなどに出場。国内大会を勝ち抜いて世界大会へ出場したり、千葉大学が主催する数理科学コンクールで、もっとも優秀な成績を収めた学生へ贈られる「金欅(きんけやき)賞」を受賞したりするなど、物理と数学の知識を生かして、さまざまな場で実績を挙げています。

しかし飛び入学を選んだ理由には、勉強を苦手としていた梶原さんならではの苦悩があり、その苦しみが、図らずも、自身の進路を切り開いていくのでした。

そんな梶原さんに、飛び入学をした理由や、好きなことを夢中になって取り組んだことで開けた進路の話などをお聞きしました。

 

高校生のときに選んだ“名誉の退学”

千葉大学飛び入学生梶原さんインタビュー_02

Q:まずは、梶原さんが利用した飛び入学の制度のことを教えてください。

僕が利用した飛び入学の制度とは、千葉大の先進科学プログラム(以下、先進プログラム)です。

千葉大には、飛び入学という独自の制度、入学試験がありまして、その試験に合格すると、高校二年生から三年生にあがるタイミングで、千葉大の先進プログラムの一年生になれます。

僕は、高校を卒業していなくて、修了証書や卒業証書ももらっていないんです。高校には退学届を出しました。高校の先生とは、名誉の退学だって、冗談で話してたんですよ(笑)。

 

千葉大学飛び入学生梶原さんインタビュー_03

Q:そこまでして、どうして一年早く大学で学ぶ進路を選んだのですか?

ここなら、好きなことだけをやっていけるかも、と思ったからでした。

僕が小学校4年生くらいの頃、街を歩いていると、自分と同じくらいの子どもが、教室のような場所でロボットを作って遊んでいたんです。

「楽しそうだな」って思ったことをハッキリと覚えています。子どもたちが遊んでいたのは、マインドストームといって、レゴブロックでロボットが作れる教材なんですが、これをきっかけに僕もその教室へ通うようになりました。以来、僕はロボット制作にどハマりするわけです。

「次はこんなロボットを作りたい」

「あんなふうに動かしたい」

 

千葉大学飛び入学生梶原さんインタビュー_04写真は高校生のころの梶原さん。小学生から始めたロボット作りは、このころになると本格的なものになっていた。[写真提供元:梶原勇希]

市販のレゴブロックだけでロボットを作ることに物足りなさを感じるようになると、部品を自作するようになりました。そのくらいの段階になると少しずつ、プログラミングや電気回路などの専門知識が求められるんですね。僕は本を読むことで、その知識を自分で学びました。

高校生のときは、部品を発注してゼロから作る、金属のロボットも自作したんです。

こうして僕は、だんだんと数学や物理に強くなりました。自分の好きなロボットを作るために必要な知識だった、ということで、これは僕にとって“勉強”ではなく、趣味の延長のような感覚です。

 

飛び入学のきっかけは、中学生の頃の危機感

千葉大学飛び入学生梶原さんインタビュー_05

Q:では、ロボット制作をするために、千葉大学へ飛び入学をされたわけですか?

いえいえ、そうではないんです。

好きな分野がある一方で、僕はいわゆる“勉強”がかなり苦手なんですよ(笑)。特に、暗記がまるでダメで、学校の中間や期末にあるテストのような、試験対策なども苦手です。

実際に、国語や社会の成績はよくなかったですね。結果的に得意になった数学や物理でさえも、“効率よくテストを乗り切るために公式を覚える”となると、急激に苦手意識に襲われます。

だから「ヤバイ、俺、国語や社会は全然ダメだ。これで大学受験したら、生き残れない」という危機感は中学生のころから、ものすごくあったんです。テスト勉強や試験対策を得意にしている友達が周りに多かったこともあって、“勉強”への自分の苦手意識はどんどん膨らみました。

そんな僕に転機が訪れます。

中学校に赴任してきたある先生との出会いです。僕が、高校三年生にならず、一年早く大学で学ぶ、という進路へ進むきっかけですね。

その先生は、教育の世界では、ちょっと名の通った教育者で、「梶原くんは絶対に先進プログラムへ行ったほうがいい」とアドバイスをしてくださったんです。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。