ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桐生市のグルメキーワードは「薫るソース!」 ~名店巡礼 桐生市編~【タベアルキスト】

桐生地方に伝わる幅広麺のうどん「ひも川」が食べられるうどん店。その特徴的なビジュアルから、度々メディアでも取り上げられる、ご当地うどんです。

群馬県は小麦の産地ということもあり、桐生市内には100軒以上の多くのうどん店がひしめき合っていて、大別すると6つの系統に分かれるそうです。

そのうちの1つである「宮島庵系」の支店という位置づけが、このお店になります。

f:id:tabearukist:20170427100454j:plain

▲カレーひも川(972円)

メニューには冷たいうどんと温かいうどんがあって、群馬の郷土料理である「ひも川」が看板料理。

きしめんのルーツである「芋川(いもかわ)うどん」がなまったといわれるうどんで、幅が広いのが特徴です。

おすすめは、カレーひも川。

「ひも川」の麺は表面が滑らかなので、とろみのあるカレー汁とよく絡むことで幅広麺の醍醐味(だいごみ)を感じることができます。

f:id:tabearukist:20170427101133j:plain

▲肉汁ひも川(1,026円)

まさに肉汁のメニュー名にふさわしい大きなお肉がつけ汁の丼を埋め尽くす勢いで入っている、インパクトある一杯となっています。

f:id:tabearukist:20170427101440j:plain

尚、幅10センチの麺は、つけ汁を浸す際はこのような状態になります。

温かいメニューと冷たいメニューでは、ゆで時間を変えていて、カレーひも川はゆでた後に温めなおしたり、細やかな心遣いがおいしさに表れています。

都内ではなかなか食べることのできるお店が少ない「ひも川」を是非本場で食べてみて、その幅広麺のおいしさを実感してみてはいかがでしょうか。

お店情報

第二宮島庵 境野支店

住所:群馬県桐生市境野町6-601-8

電話番号:0277-43-7622

営業時間:11:30~14:30、17:30~20:30

定休日:月曜日・第3火曜日

執筆者:Yasuyuki Enokiuchi

3軒目:ほりえのやきそば 逸品:やきそば

3軒目に訪問したお店は「ほりえのやきそば」。

f:id:tabearukist:20170427103420j:plain

桐生地方や足利地方(栃木県)で見られる、ポテト入り焼きそばのお店。 同店はお母さんが30年以上前に始めて、今は息子さんが後を継いでおり母の味を守り続けています。

メニュー名の通りに、焼きそばにジャガイモが具として入っているのが特徴です。

焼きそばが肉の有無と量に応じて、6種類のバリエーションがあって、普通盛りで300円という昭和的な安さです。

他は、都内のレストランでシェフを経験した息子さん特製のキーマカレーがあるだけで、焼きそばへの強いこだわりを感じさせます。

f:id:tabearukist:20170427103532j:plain

▲やきそば 普通(300円)

300円という安さながらも、普通盛りでも十分なボリュームがあるのがうれしい。

自家製麺ならではの食感の麺に、添えられている蒸したジャガイモが、思いのほか合っているのはソースのなせる業です。

ソースは栃木県佐野市のミツハソースで、しつこくない軽い味わいのため、大盛り以上でもペロッと食べられます。

焼きそばのお店が数多くあれど、ジャガイモ入りの焼きそばは珍しく、桐生まで訪れる価値のある一品と言えると思います。

f:id:tabearukist:20170427103814j:plain

▲やきそば肉入り 普通(500円)

群馬県産のもち豚を秘伝のタレで味付けし、焼きそばを焼く鉄板とは別で炒められやきそばの上にのせて提供されます。

甘みのある肉から出た脂が交わることで、味わいに奥行きがでています。

家庭でも簡単に調理できそうな印象の焼きそばですが、こちらの自家製麺とご当地ソースがあってこそ。

子供から大人までファンがいるこの味を、今後も守り続けてもらいたいと思いました。

お店情報

ほりえのやきそば

住所:群馬県桐生市本町3-5-9

電話番号:0277-47-3680

営業時間:11:00~18:00

定休日:火曜日・水曜日

www.hotpepper.jp

前のページ 1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。