ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桐生市のグルメキーワードは「薫るソース!」 ~名店巡礼 桐生市編~【タベアルキスト】

f:id:hotpepper-gourmet:20150915174153j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

~名店巡礼 桐生市エリア編~

f:id:tabearukist:20170427094907j:plain

今回の巡礼は、群馬県桐生市を目的地にすることにしました。

かつて日本の一大産業であった織物を支えた街は、多くの文化財と共に独特の食文化が多く残る、知る人ぞ知る隠れたグルメエリア。

桐生市内にフォーカスして、ビジュアルにインパクトがあるグルメをテーマに5軒をセレクト。

ちなみに群馬県の巡礼は、高崎エリア編に続いて2回目。よろしければこちらもご覧ください。

www.hotpepper.jp

それでは、名店巡礼 桐生市編スタートです!

1軒目:旬彩工房 Hashimoto 逸品:フルーツMIXパフェ

今回のスタートは「旬彩工房 Hashimoto」から。

f:id:tabearukist:20170427094237j:plain

老舗果実店の橋本フルーツが運営する、フルーツパーラーです。

老舗直営店グルメに外れなし! ということで期待が高まります。

f:id:tabearukist:20170427093910j:plain

▲フルーツMIXパフェ(1,188円)

看板メニューは、フルーツMIXパフェ。

使われるフルーツは毎日日替わりで、旬のモノを店主の渡邊さんが毎日市場からセレクト。なんと15種類も使われています!

構成は、フルーツ、クリーム、アイス、ソース。

かさ増し一切なしの、フルーツを楽しむことだけに注力したパフェになっています。

個々のフルーツの香りや甘さ、みずみずしさが際立っており、それぞれの個性を楽しみつつ、滑らかなクリームやアイスが全体をまとめ上げる、バランスの良いパフェです。

f:id:tabearukist:20170427093818j:plain

▲フルーツサンド(1,188円)

もっちりとしたパンが、ジューシーなフルーツと、滑らかでコクのあるクリームをしっかりと受け止めるフルーツサンド。飲めるフルーツサンドと言っても良いぐらい、食べやすい逸品。

f:id:tabearukist:20170427094027j:plain

▲チョコバナナパンケーキ(918円)

新メニューのチョコバナナパンケーキは、バナナ一本が豪快にあしらわれた一皿。

高原栽培高糖度のジャイアントキャベンディッシュを採用しており、通常のバナナとは一線を画す、密度の濃いねっとりとしたバナナはチョコレートにも負けない力強さがあります。

朝からいきなり3品も行ってしまいましたが、ペロリと完食。朝からパフェもあり! と思わせてくれる、素敵なお店でした。

持ち帰りのフルーツやお土産も販売しているので、こちらもぜひ。

お店情報

旬彩工房 Hashimoto

住所:群馬県桐生市錦町1-5-1

電話番号:080-9884-7234

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日

ウェブサイト:http://r.goope.jp/koubou-hashimoto

執筆者:Kazushi Kikutani

2軒目:第二宮島庵 境野支店 逸品:カレーひも川

2軒目に訪問したお店は「第二宮島庵 境野支店」。

f:id:tabearukist:20170427100035j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。