ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

死んでも銃は手放さないぞ! 「ガンマンの国」アメリカ向けIoT製品3選

「我々は、銃規制を推進しようとする人々にこう訴えなければなりません。『死んでも銃は手放さないぞ』と!」

かつてそう演説したのは、『猿の惑星』や『ベン・ハー』などの作品でスターになった映画俳優のチャールトン・ヘストンである。

アメリカは今も銃による暴力が絶えず、街中での乱射事件が毎月のように発生している。だが、銃規制は依然として進まない。その中でヘストンは、「自由と権利を掲げる建国理念に反する」として銃規制に大反対していた。

保守的なアメリカ人にとって、銃は「自由の象徴」。横暴な独裁者や無法者は銃で駆逐するべきだ。善き市民の銃があるから平和が保たれるのだ、という発想である。

そのような国で売られているIoT製品は、やはり「銃社会ならでは」の特徴が見受けられる。

①GunBox 3

クラウドファンディングサイト『Indiegogo』に、驚くべき製品が出てきた。

用途は製品名そのまま、『GunBox 3』である。

銃の保管に欠かせないもの、それはガンロッカーだ。ただしアメリカでは、必ずしもガンロッカーが利用されるというわけではない。「強盗が来たらすぐに取り出せるように」という理由で、タンスや枕の下に銃を入れる人も多いのだ。

GunBox 3の特徴は、堅牢性と即時性を兼ね備えている点である。解錠手段はIDカード、指紋照合、モバイル認証、キー操作などを用意し、銃の所有者以外には開けられないようになっている。また、もし子供がGunBox 3を動かしたら、常時接続のWi-Fiを通じて所有者のスマートフォンに通知が届く。

製品のPR動画もあるが、カルチャーショックを知らしめるような内容だ。帰宅した男性が、ズボンのポケットから拳銃を取り出してGunBox 3に収納する。ガンロッカーの機能よりもまず、ポケットに拳銃を入れるという行為が危険極まりないと感じてしまう。

だが一方で、子供のイタズラによる銃暴発事故はアメリカで社会問題となっている。それを防ぐための対策として、ガンロッカーのIoT化が注目されているのだ。

②Gunbox SK-1 Tactical

また、GunBox 3の開発者は去年、ライフル用のIoTガンロッカーをIndiegogoに出展した。

それが『Gunbox SK-1 Tactical』である。自動小銃、散弾銃をすっぽり収納できるサイズで、さらに拳銃や銃弾の差し込みスペースも備わっている。

解錠は先述のGunBox 3とほぼ同じ機構だが、長銃用のGunbox SK-1 TacticalにはBluetooth接続のステレオスピーカーが搭載されている。音響機器としてもその性能を発揮してくれるというわけだ。

確かにガンロッカーも部屋のインテリアなのだから、それに黒物家電の機能を詰め込むのは当然かもしれない。だがやはり、攻撃用ライフルを部屋の中に置いているという光景は日本人にはなかなか想像できないだろう。

アメリカ南部州でよく言われるのが、「我々は911に電話しない」という言葉。911とは警察・消防・レスキューを含めた緊急通話ダイヤルだが、「警察を呼ぶ前に我々がライフルで射殺する」という風潮が南部州にはある。

まさにガンマン映画の世界だ。

③ZORE X

子供がイタズラしたことによる暴発事故が相次いでいる、ということは先に述べた。

それを防ぐためのより直接的な手段として、銃自体を施錠する装置が開発されている。

イスラエルのスタートアップが去年開発したのは、『ZORE X』という製品。これは銃の薬室に差し込み、一時的に発射不能にさせるというものだ。その解錠はスマホアプリ認証の他に、暗証ダイヤルを回すという方法が採用されている。多少の練習さえ積めば、いざという時も敏速なダイヤル操作ができるようになるらしい。

もしZORE Xを装着した銃が移動すれば、所有者のスマホにその情報が通知される。もちろんこれも、子供が銃を持ち出さないようにするための機能である。

こういうものを開発するくらいなら、やっぱり銃は規制したほうがいいんじゃないか……と日本人は思ってしまうかもしれない。だが、ガンマンから銃を取り上げることはオバマ前大統領にもできなかった。そして現在のアメリカは、銃規制に消極的な共和党が政権の座についている。

連邦議会で銃規制法案が可決されない限り、今後も上に紹介したようなIoT製品が登場し続けるだろう。

【画像】
The GunBox 3 – Gun Storage with Smartphone Alerts-Indiegogo
SK-1 Tactical -The Gunbox
ZORE – A New Generation of Gun Storage-Indiegogo
【動画】
The Gun Box 3 – Gun Storage with Smartphone Alert Notifications-YouTube
The GunBox SK-1 Tactical Commercial – Quick Access Tactical Rifle Safe-YouTube
ZORE is live on Indiegogo!-YouTube

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: masakazusawada) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。