体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホーチミンのおすすめ観光スポット26選!きっとベトナムを好きになる

ホーチミンのおすすめ観光スポット26選!きっとベトナムを好きになる

ホーチミンは、約800万人もの人が住むベトナム第2位の都市です。

熱帯気候で、平均気温は28℃、平均湿度は75%となっており、空港に着いた途端、日本とは違う、アジアらしい独特の熱気に、いよいよ、ベトナムに着いたぞー、っとワクワクする事でしょう。

ホーチミンに興味を持っているあなたへ。今回は、ベトナム・ホーチミンおすすめ観光スポット26選をお届けします。

*編集部追記
2017年5月公開の記事に、新たに3つのスポットを追加しました。(2017/10/1)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。
 

ホーチミンに行ってみての感想

photo by pixabay

私がホーチミンを訪れたのは6月ごろで、全体の感想としてはホーチミンはなかなか居心地が良かったです。気候は暖かく、街にはおいしい食堂やおしゃれなカフェがたくさんあり、欧米からの観光客を多く見かけました。

ベトナムはぼったくられることが多いと聞いていたのですが、現地の人も親切で特に騙された経験もありません。Uberといった配車アプリもあるので、移動の際は基本的にそれを使っていました。交通事情はあまり良くなく、車とバイクが入り乱れ渋滞が起きていました。

ご飯もおいしく、24時間カフェもあり、物価もリーズナブルなホーチミンは、長期滞在にもおすすめだと思います。興味のある方は、ぜひ訪れてみてくださいね。
 

おすすめのベストスポット

photo by pixabay

私がおすすめしたいのは、現地のおしゃれなカフェです。ベトナムはフランスに植民地支配されていたため、コーヒーがおいしく、また最近のトレンドなのかとてもおしゃれなカフェが数多くあります。ベトナムコーヒーは世界的にも有名ですよね。

日本のカフェと比較してもとてもクオリティーが高く、またWi-Fiも完備されている場所がほとんど!ノマドするにも良い場所です。ドリンクやケーキもリーズナブルなのにおいしいので、ホーチミンに行ったならぜひカフェ巡りをしてみましょう。
 

市民劇場

サイゴンオペラハウス

photo by  kumby

フランスの植民地時代に建てられたもので、優雅で美しい劇場です。フランス統治時代はオペラハウス、南ベトナム時代は国会議事堂と、時代により使われる用途が変わりながらここに建ち続けています。

市民劇場はこうして移り変わる国の歴史を見守って来た、とも言えるかもしれません。夜のライトアップも大変美しいので、記念写真の撮影にいかがでしょうか?

すぐ側の通りは、バイクなどの交通量が多いので、横切る際は、十分気をつけてくださいね。
■詳細情報
・名称:市民劇場
・住所: 7 Lam Son Square, Ben Nghe Ward, District 1, Ho Chi Minh City
・アクセス:ベンタイン市場南門を出てレロイ通りを進む。ドンコイ通りとの交差点にある。(徒歩10分)
・マップ:
・営業時間:· 0:00~23:59
・定休日:無休
・電話番号:+84 8 3829 9976
・所要時間:1~2時間

 

サイゴンスカイデッキ

サイゴンスカイデック

photo by sarahmworthy

サイゴンスカイデッキは高さが262メートル、地上68階建てのビルです。スカイデッキは49回にあります。ホーチミンをぐるりと360度一望でき、空中散歩をしている様な気分で街並みを楽しむ事が出来ます。

21:30まで営業していますので、日中歩き回っていた街の美しい夜景を楽しむのも良いかもしれません。
■詳細情報
・名称:サイゴンスカイデッキ
・住所:36 Ho Tung Mau Street, Ben Nghe ward, District 1, Ho Chi Minh City 
・マップ:
・営業時間:9:30~21:30(金・土は、10:00~22:00)
・定休日:無休
・電話番号:+84 839156156
・料金:20万ドン
・所要時間:1~2時間
・オススメの時期:夕方~夜
・公式サイトURL:http://www.bitexcofinancialtower.com/

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。