体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

瀬戸内芸術祭で注目!「犬島」の魅力とは

瀬戸内芸術祭で注目!「犬島」の魅力とは

近年、芸術を核にして注目を集めているのが瀬戸内海に浮かぶ島々です。今回は、そのうちのひとつ、岡山県岡山市にある犬島を紹介したいと思います。それでは、さっそく見ていきましょう。

*編集部追記
2017年5月の記事に新たに3選追記しました。(2017/12/29)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

犬島に行ってみての感想

photo by pixta

犬島は瀬戸内海に浮かぶ小さな島で、面積は東京ディズニーランドの1.27倍ほどしかありません。犬島へは岡山県の宝伝港から向かうのが一般的で、フェリーの乗船時間はおよそ10分と短いです。

犬島には、観光の目玉となっている犬島精錬所美術館はもちろんのこと、その他海水浴場やキャンプ場など島の自然を思いっきり満喫できる場所も多いです。

犬島は自然がとても豊かなので、アート作品そのものだけでなく、それが犬島の風景とどう共存しあっているかに注目するのもおすすめです。小さいながらおしゃれなレストランやカフェもあるので、訪れた際はぜひチェックしてみてくださいね!

 

おすすめのベストスポット

unyo 🇯🇵 ヽ(´∇`)ノさん(@chyo_chyo)がシェアした投稿 – 2015 9月 16 2:22午後 PDT

私がおすすめするベストスポットは、役目を終えた銅の製錬所を保存・再生した犬島精錬所美術館です。ここは犬島でもっとも人気のある観光スポットであり、かつての大規模な製錬所を彷彿とさせる建物は非常に迫力があります。

 

銅の精錬所としてわずか10年で休業、それから約90年という長い期間放置されてきた精錬所は、日本の近代化のあり方に対して違和感を訴えてくるような作品です。見ごたえのある美術館なので、時間に余裕を持って訪れてくださいね。

*編集部追記(2017/12/29)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

犬島の概要

miyuki.Hさん(@tracks.jp)がシェアした投稿 – 2017 4月 23 6:52午前 PDT

犬島(いぬじま)は瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。面積は0.54km²、人口は約50人ほどです。岡山県岡山市東区に属し、岡山市にある唯一の有人島としても知られています。

近年犬島は、観光客からの注目を集めています。注目を集めている理由のひとつが「アート」。犬島にはユニークな文化施設があるので、ゆっくりと時間をかけながら巡りるのがいいでしょう。

 

犬島へのアクセス

Kennethさん(@__.kchow)がシェアした投稿 – 2017 4月 24 2:56午前 PDT

まず、岡山県の玄関口である山陽新幹線「岡山駅」を目指しましょう。次に岡山駅からJR赤穂線に乗り、西大寺駅で降ります。西大寺駅から両備バスに乗り、「西宝伝」で下車。バス停「西宝伝」の近くにある宝伝港から犬島行きのフェリーが出ています。

 

犬島の観光スポット

1.犬島精錬所美術館

グーフィさん(@goofy.furniture)がシェアした投稿 – 2016 8月 25 12:20午前 PDT

犬島の最大の目玉が犬島精錬所美術館です。元々は、銅の精錬所として使われていました。まるで、古代遺跡のような独特の雰囲気はこの美術館ならではのもの。館内は作家、三島由紀夫をモチーフとした作品が展示されています。
■詳細情報
・名称:犬島精錬所美術館
・住所:岡山県岡山市東区犬島327−4
・営業時間:10:00~16:30
・定休日:火曜日(3月~11月)、火曜日、水曜日、木曜日(12月~2月)
・電話番号:086-947-1112
・料金:2,060円(共通券)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/seirensho.html

 

2.シーサイド犬島ギャラリー

machiko_iwaさん(@zhen6548_machiko)がシェアした投稿 – 2017 4月 30 11:14午後 PDT

シーサイド犬島ギャラリーは、瀬戸内・犬島の生活が学べるギャラリーで、民宿を改装して作られました。瀬戸内の生活感が伝わる映像作品は必見です。なお、このギャラリーは休館することがあるので、必ずホームページをチェックしましょう。
■詳細情報
・名称:シーサイド犬島ギャラリー
・住所:岡山県岡山市東区犬島327-5
・営業時間:10:00~16:30
・定休日:火曜日(3月~11月)、火曜日、水曜日、木曜日(12月~2月)
・料金:2,060円(共通券)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/seaside-inujima.html

 

3.中の谷東屋

Toshiki Ishikawaさん(@tishikawam)がシェアした投稿 – 2017 4月 5 9:27午前 PDT

中の谷東屋(なかのたにあずまや)は、家プロジャクトの休憩所です。アート巡りで疲れたら、中の谷東屋で休憩をしましょう。なお、屋根の下で話をすると、声がこだまのように跳ね返ってきます。
■詳細情報
・名称:中の谷東屋
・住所:岡山県岡山市東区犬島
・料金:無料
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/inujima/70.html

 

4.犬島海水浴場

Hiroto Okamotoさん(@hirochamp187)がシェアした投稿 – 2016 4月 7 7:50午前 PDT

犬島では、当然のことながら海水浴が楽しめます。犬島海水浴場は弓なりの美しい砂浜を持つ海水浴場で、砂浜から瀬戸内海の島々が見ることができます。
■詳細情報
・名称:犬島海水浴場
・住所:岡山県岡山市東区犬島
・アクセス:犬島港から徒歩10分
・電話番号:086-944-5038
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:https://okayama-kanko.net/sightseeing/sightseeing_area.php?id=3

 

5.犬島キャンプ場

natsumiさん(@natsumi_0716)がシェアした投稿 – 2017 4月 21 2:20午前 PDT

「アートめぐり」と「キャンプ」を組み合わせるのはいかがでしょうか。犬島キャンプ場は犬島海水浴場の隣にあります。海水浴を楽しんだ後はBBQで美味しいご飯を食べたり、お酒を飲むのもおすすめです!
■詳細情報
・名称:犬島キャンプ場
・住所:岡山県岡山市東区犬島
・アクセス:犬島港から徒歩10分
・電話番号:086-947-1550
・料金:キャンプ(1泊1サイト)1,020円
・オススメの時期:冬以外
・公式サイトURL:http://www.city.okayama.jp/toshi/kouenryokuchi/kouenryokuchi_00046.html

 

6.犬島アートプロジェクト

YONGさん(@yongna07)がシェアした投稿 – 2017 7月 27 2:09午後 PDT

「日常の中の美しい風景や作品の向こうに広がる身近な自然を感じられるように」との願いから、犬島の家プロジェクトは始まりました。企画展示を目的とした3つのギャラリー「F邸」「S邸」「I邸」と「中の谷東屋」など、個性的な作品が公開されています。
■詳細情報
・名称:犬島アートプロジェクト
・住所: 岡山県岡山市東区犬島
・料金:無料
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/inujima-arthouse.html

 

7.犬島 くらしの植物園

Yusuke komutaさん(@yusuke.komuta)がシェアした投稿 – 2017 11月 2 11:04午後 PDT

犬島で長く使われていなかったガラスハウスを中心とした約4,500㎡の土地を再生し、犬島の風土や文化に根ざした庭園・植物園として蘇らせていく計画です。「植物とともに暮らす歓び」をテーマに、「寄せ植えつくり」「ジャムつくり」などの催しを行っています。
■詳細情報
・名称:犬島 くらしの植物園
・住所: 岡山県岡山市東区犬島
・料金:無料
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp/art/lifegarden.html

関連記事リンク(外部サイト)

世界の「ダンス」を現地で踊りたい♪これが踊れれば人気者の間違いなし
うまい飯大集合!中国地方は海も里も幸がいっぱい
世界一、鮮やかに着飾る裸族「スリ族」を撮り下ろした写真集“SURI COLLECTION”が登場
個性的過ぎないか?ドイツのホテル『プロペラアイランド・シティロッジ』

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。