ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「自炊代行ドットコム」へ直接行ってみた(『漫画 on Web』 漫画ニュース!)

manga02103

だれでも簡単にオンラインブックを配信、公開できるサイト『漫画onWeb』より、気になる漫画についての最新ニュースをお送り致します!

2月15日に放送された漫画onWeb公式配信『月刊 漫画ライブ 2月号』では、今漫画業界で話題の自炊代行問題について触れました。

『月刊 漫画ライブ 2月号』
http://mangaonweb.com/creatorDiarypage.do?cn=30056&dn=33097 [リンク]

漫画家の佐藤秀峰(代表作 『海猿』『ブラックジャックによろしく』)が自炊代行業者の「自炊代行ドットコム」さんにお邪魔して、いろいろとお話を伺ってきましたので、そちらの取材レポートを中心にお届けしました。
放送内容を文字で起こしてありますので、よろしければご覧ください。
自炊代行サービスの実情の一端がご理解いただけるかと思います。

それではどうぞ!

Webスタッフ エビちゃん(以下 E): 本日は近頃漫画界を騒がせている自炊代行についてお話しようと思います。
まずは自炊という言葉について教えてください!

佐藤秀峰(以下 S): えーと、自炊というのは元々はネットのスラングです。
個人で所有している紙の書籍を、本人が裁断機で裁断して、それをスキャナで読み込みデジタルデータに変換する行為を指す言葉ですね。
自前でデータ化するので自炊と呼ぶようになったみたいです。
で、自分では器材を揃えず書籍電子化を他人である業者に依頼することを「自炊代行」「スキャン代行」と呼びます。

E: ご飯を自分で作ることを指す言葉ではないんですね。

S: はい、ネットで検索してみると本来の意味よりも、「自分で本をデータ化する行為」という意味のほうが先に出てくるくらい、一般的な言葉になってしまいましたね。
2010年はiPadを始めとするタブレット型の端末が数多く発売され、電子書籍元年と呼ばれたのですが、それと合わせて注目された動きが自炊です。
購入した雑誌や書籍を裁断してスキャン。
そのデータをタブレットで楽しむ、という行為が流行りました。

E: では、それがなぜ問題になっているんですか?

S: 自炊という行為自体は、自分の本を電子データ化して個人で楽しむだけなので、法的にまったく問題はないんです。
ところが、自炊というのは本の数が多いと時間も手間もかかりますので、それを代行する業者さんが出てきたんです。
作業費と引き換えに、同じ作業をやってくれる業者です。

E: それが自炊代行ですね?

S: そうです。
自炊と言っても機材をそろえるコストや、一定の質をクリアするには、ある程度経験がいるので、それらを格安で代行する業者は、サービス登場と共にすぐに話題となりまして、2011年9月には約100社にまで増加したそうですよ。

今問題となっているのは、この自炊代行行為ですね。

自炊が法的に問題ないということは言いましたが、これは著作権法で私的複製(30条1項)が認められているからなんです。
条文では「著作権の目的となっている著作物は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的とするときは、その使用する者が複製することができる。」という一文があるんですよ。

条文に従うと、「その使用する物が複製することが出来る」という部分について、代行業者が自炊を代行した時点で、それは私的複製に当たらないということで、「違法である」という解釈があるんですね。
代行業者は“使用する者”ではないため、著作権法の複製権侵害に当たるという考えです。

ただ、この部分についてはこれまでは判例もなく、グレーゾーンでの運用が続いてきました。
専門家の意見は、「違法」とする立場の法律家が現状は多いように思いますが、「違法ではない」とする方も一定数存在するといった所ですかね。
詳しくはここでは時間がないので端折りますね。

で、まぁ、出版社や作家側からすると、代行業者は「人の褌で相撲を取る人達」「著作権を侵害する違法組織」という認識があって、自炊代行事業が流行り出し た2010年頃から「これを許しておいていいの?」「本が売れなくなっちゃうんじゃないの?」という議論が続いていました。

僕の個人的な考えとしては、自炊は自分で行なっても、業者に頼んでも、出来上がったデータの使用目的が、私的な使用に限られているのであれば、別にいいじゃない、と思うんですね。
読者も買った本の使い方まで、作家に指定されたくないと思うんです。
(*僕の個人的な立場については http://mangaonweb.com/creatorDiarypage.do?p=1&cn=1&dn=32817&md=1 [リンク] ですでに書いていますので、よろしければご参照ください。)

ただ、多くの作家はそうは思っていないようで、「本がデータ化されると海賊版が流出してしまうんじゃないか?」とか、「裁断した本を中古販売し、スキャン が繰り返されるのではないか?」といったことを心配し、自分たちの不利益につながるから禁止しなくてはいけないと考えているみたいですね。

その結果、2011年の7月に出版7社と漫画家、小説家など170数名が連名で、100社以上の自炊業者に一斉に質問状を送るという事件がありました。

E: どんな質問状だったんですか?

S: 手元にあるので、読み上げてくれますか?

E: あ、はい。

「質問書」

前略

別紙記載の差出人は、貴社が、受注による市販書籍のスキャン事業を行っていることを把握しております。これに関し、貴社に以下のとおり質問します。

(質問1:)

スキャン事業を行っている多くの業者は、インターネット上で公開されている注意事項において、「著作権者の許可を得た書籍のみ発注を受け付ける」「発注された書籍は著作権者の許可を得たものとみなす」などの定めをおいています。
差出人作家は、自身の作品につき、貴社の事業及びその利用をいずれも許諾しておらず、権利者への正しい還元の仕組みができるまでは許諾を検討する予定もないことを、本書で通知します。
かかる通知にもかかわらず、貴社は今後、差出人作家の作品について、依頼があればスキャン事業を行うご予定でしょうか。

1 2 3 4次のページ
ガジェまんの記事一覧をみる

記者:

WEBマンガ新着情報

ウェブサイト: http://manga.getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき