ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チューリッヒのおすすめ観光スポット22選

スイス最大の都市、また東の玄関口として知られるチューリッヒ。中世の雰囲気が漂う閑静で美しい街並みは、ゆったりと観光するのに適しています。

銀行や証券会社の集まる国際金融都市ですが、街自体はあまり大きくなくこじんまりしており、とても過ごしやすいです。

今回の記事では、どんな人が訪れても楽しめる人気観光地・チューリッヒのおすすめ観光スポットを紹介していきたいと思います。

*編集部追記
2017年4月に公開した記事に新たに3選加筆しました。(2017/8/20)
2017年4月時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方は[email protected]までご連絡ください。

 

チューリッヒに行ってみての感想

photo by shutterstock

私がチューリッヒを訪れたのは、2年前の冬頃でした。スイスは治安が良いと聞いていたのですが、噂通り街もきれいで人も優しかったです。

また、日本と同じように公共サービスの質がとても高く、電車やバスも時間通りに来るし、公共トイレもきれいでした。治安面ではあまり心配ないと思いますが、やはり夜の女性の一人歩きなどは、できるだけ避けた方が良いと思います。

スイス人はよく日本人に似ていると言われており、時間を守り勤勉です。ヨーロッパの中では、日本人が比較的仲良くなりやすい人種かなと感じました。

 

観光する際のアドバイス

photo by shutterstock

先ほども述べましたが、チューリッヒは治安が良いので、観光する際もあまり安全を気にする必要はありません。衛生面も良く、街を歩いていても他のヨーロッパの都市のようにゴミが散らばっているということもありません。

物価はやはりスイスらしく高いですが、チョコレートやワインなど、物によっては日本よりも安いことがしばしばあります。しかしながら、外食はもちろんのこと、持ち帰り用のデリでも2,000~3,000円かかることが一般的です。

ファーストフードも1,000円以上するので、予算は多めに用意しておきましょう。

 

ベストスポット

photo by shutterstock

私がおすすめするチューリッヒのベストスポットは、アルトシュタットと呼ばれる旧市街です。ヨーロッパらしい街並みが楽しめる場所で、石畳にカフェが並ぶ様子はとてもおしゃれです!ちょっと疲れたときは、コーヒーを飲みながら一休みするのもおすすめです。

落ち着いた雰囲気もあり、ただ街を歩いているだけでも楽しいので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
スイスに関するおすすめの記事はこちらです
❐スイスで訪れたいおすすめ観光スポット30選
❐物価が世界一高い「スイス」は旅人にとって最高の国だった!その理由とは
❐心癒される国「スイス」の世界遺産を全10ヶ所(写真15枚)

 

*編集部追記(2017/08/20)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1.チューリッヒ美術館

@kobuko3がシェアした投稿 – 2016 5月 29 9:05午前 PDT

15世紀から現代に至るまで、膨大な数のコレクションを収蔵しているチューリッヒ美術館。教科書に掲載されているような、ヨーロッパの巨匠たちの傑作が鑑賞できます。
■詳細情報
・名称:チューリッヒ美術館
・住所:Heim-Platz 1, 8001 Zuerich
・マップ:
・営業時間:10時~18時 / 10時~20時(水、木)
・定休日:月曜日
・電話番号:+41 44 253 84 31
・公式サイトURL:http://www.kunsthaus.ch

 

2.リンデンホフの丘

photo by shutterstock

チューリッヒ市街の中心地が一望できる場所として人気の観光スポット。周りには小さな小道が入り組んでおり、そこを散策しながら丘に向かうのがおすすめです。
■詳細情報
・名称:リンデンホフの丘
・住所:Lindenhof, 8001 Zürich
・マップ:
・公式サイトURL:https://www.stadt-zuerich.ch/ted/de/index/gsz/natur-_und_erlebnisraeume/park-_und_gruenanlagen/lindenhof.html

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。